四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

夏の京料理と甘いもん

祇園祭 後祭を観た後は


千鳥の提灯がかわいい

先斗町をぶらぶらして


c0087094_19273367.jpg








昼食を食べに老舗の京料理屋さんへ。。。




c0087094_19284849.jpg

坪庭がある涼しいお部屋で夏の京料理をいただきました。


先付は

団扇の形をした器に美しく盛られています。



色鮮やかなお料理の数々

ほおずきの蓋物の中には、無花果の胡麻和えが入っていました。


c0087094_19452941.jpg


c0087094_19294255.jpg

夏の京都の代表的なお料理と言えば

鱧の湯引き

祇園祭は、鱧祭と呼ばれ

鱧料理や鱧のお寿司など

京都では、鱧が昔から珍重されてきました。

鱧は生命力が強く

瀬戸内の淡路島近海などで獲られた鱧は、今のような輸送が発達していない時代でも

京都の街に着くまで活きていたそうです。

c0087094_19334148.jpg

梅肉のたれでいただきます。

器も涼しげ。。。



c0087094_19383969.jpg

椀物も鱧・・・

あっさりとした上品なお出汁の中に

鱧の旨みと初ものの青い柚子の香りが爽やかでした。


c0087094_19404216.jpg
鯛の塩焼きと鰈の西京味噌漬け




c0087094_19453951.jpg


夏野菜の煮物




c0087094_19413076.jpg

〆はちりめん山椒の入ったご飯とお漬物



c0087094_19422581.jpg

デザートはグレープフルーツのゼリーとさくらんぼ


どのお料理も美味しく、いただきました。





c0087094_19590718.jpg




父は、その後用事があるので

神戸に戻り




義妹と私は、夕方まで京都の街歩きをすることにしました。

三条通りにある旧日本銀行跡




c0087094_19514194.jpg
美しいレンガ造りの建物。

設計は、東京駅を設計した辰野金吾氏

レトロな佇まいを遺す館内


c0087094_19522705.jpg

館内も窓口やカウンターがあって

当時の面影を残しています。


1階の展示は、祇園祭の展示でした。


前祭の巡行だった綾傘鉾が展示されていました。

c0087094_19565712.jpg

優雅な天女の姿美しい傘鉾です。








今回、自由時間があったので

どうしても行ってみたかったお店がありました。



京都在住のブロガーさんが紹介されている

老舗甘味処


c0087094_19474480.jpg
朝顔柄の暖簾は夏仕様

季節によって暖簾は変わります。

そしてこちらでどうしてもいただいてみたかったのは、「琥珀流し」という甘味で

ほどよい柔らかさの寒天を季節の蜜でかけていただく上品な甘味。





でも此方のお店に着いて、ボードに名前を書こうとしたら

18組待ちという人気に、私の決心もゆらぎましたが

義妹も待ってでも食べたいと言ってくれたので

私のわがままをきいてもらい、

1時間半ほど、お店の中で並んで待ちました。

そして5時前になってようやく

中の席に通されて「琥珀流し」をいただきました。

日曜日で祇園祭が重なったのでこんなにたくさんの人が押し寄せたのか。。。

とにかく大人気のお店です。

老舗の甘味処と言えば、

40代以降の女性が多いというイメージでしたが

10代の若者のグループやカップル、家族連れ

もちろん40代以上の女性もいましたが

若い人が多いのにもびっくりポン。

c0087094_19584476.jpg

琥珀流しにかける蜜は

それぞれ月替わりに変わります。

7月はペパーミント、サイダー付き

暑かったので氷にしようかとても迷いましたが

やっぱり、琥珀流しにしてよかった。。。

爽やかなミントの清涼感、サイダーをかけてもよし

飲んでもよし、

京都らしい上品な甘味に暑さも忘れてスッキリ

涼しくクールダウンできました。


その後は、三条通りのお店をみたり

竹製品の老舗


竹製品をお買い物して

短いけど充実した京都歩きができました。

京都に来た時は、

最近は、何かしら、お道具を買います。

竹の菜箸から始まって、辻和金物で茶こしや、焼き網

前回4月は開化堂で茶筒を買いました。

今回は、竹製品。(小さいものですが)

デザイン性も優れた使いやすい竹ベラと竹製のトングです。

日々の生活で毎日使うものばかり。

少しずつわが家に

Made in Kyoto製品が増殖中。。。

寺社めぐり、季節の花々、

美味しいお料理、甘味のほかにもまた新しい京都の愉しみが増えました。



夏の京都旅、終わりです。。。




[PR]
トラックバックURL : http://sberryf.exblog.jp/tb/25877483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikarose at 2016-08-07 13:26
noyuri さん

こんにちは。
お父さまとの良い思いでがまたひとつ増えましたね。
私京都はあまり知らないんです。
京都旅に連れて行っていただいた気分で見させていただきました。
夏の京都は暑いって聞きますが、大丈夫でしたか?
最後のたん熊さんのお料理は流石ですね。
京都に行ったら、こういう京料理を是非いただきたいです。

Commented by strawberryfield_b at 2016-08-07 22:51
■mikaroseさん■
こんばんは~♪
はい、ありがとうございます。
お陰様で暑さが少し心配でしたが
後祭の日は比較的凌ぎやすくて
父と祇園祭愉しむことができ良い想い出が増えました^^
私が帰省していた7月下旬は
関西の暑さも思っていたより過ごしやすかったので助かりました。
京都は、盆地だから夏の暑さは、厳しいですよね・・・

京都は美味しい京料理のお店がたくさんあって予約するとき迷いましたが、
たん熊さんのような老舗なら安心できますね^^
主婦にとっては、上げ膳据え膳でいただけるのでほんと嬉しいです。
特に暑い夏は、お料理するのも億劫になってしまいますね。
by strawberryfield_b | 2016-08-06 21:18 | 京都 | Trackback | Comments(2)