四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:おでかけ( 31 )

HERRIOTT さんへ

c0087094_20472956.jpg


mocoさんが作られる本格的なフランスの焼き菓子の虜になり、

焼き菓子大好きなお友達を誘っての再訪です。

今回は、ランチをいただきました。

フランスのアンティーク家具や食器、菓子型が並ぶ店内

こういう空間でランチをいただけるなんて。。。

なんて贅沢なひとときなんでしょう。


最初に出されたスープ

c0087094_20514415.jpg

美しいフューシャピンク色のスープは、

ビーツ(赤蕪)です。


乙女(?)がキュンとなるようなきれいなピンク色

ビーツの香りがほのかにしてさっぱりとしたやさしいお味


c0087094_20534806.jpg

mocoさん手作りのバゲットは小麦の味が生かされて

香ばしくフランスの某有名ブーランジェリーの

バゲットのお味そのものの美味しさでした。

パン好きの私たちは、鳥肌が立つほど感動しました!!

c0087094_20570170.jpg
手作りのキーウィのコンフィチュールも

フレッシュな美味しさです。

c0087094_20575732.jpg
メインのプレートは、

サラダと牛肉の赤ワイン煮が入ったシュー風のパイ

マッシュポテトが生クリームのように見えて

まるでお菓子のよう。。。

盛り付けもとても洗練されていて

ナッツや、チーズ、ピンクペッパーがお料理の味を引き立て

添えられたマスタードや葡萄のソースが

マッチしてとても美味でお洒落なプレートでした。





食後のデザートは、春のケーキ、イチゴ


c0087094_21035762.jpg

c0087094_21040972.jpg

フランス仕込みのスイーツは、

あまり見かけない丸型

イチゴを挟んでいるクリームは、

生クリームでなくバタークリームとカスタードクリーム

さわやかだけどコクがあり、

甘酸っぱい苺ともマッチして

とても美味しくいただきました。


c0087094_21073167.jpg


お腹も、心も大満足。。。

素敵な空間でまったりと友人と過ごす昼下がり。

愉しいおしゃべりと最近の心境も少し吐露して

満たされました。



美味しいお料理とスイーツ

友人との充実した時に乾杯~♪



もちろん、美味しい焼き菓子も買って帰りました。。。


ごちそうさまでした。





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-05-19 21:24 | おでかけ | Trackback | Comments(14)

宝塚を散策



4月の帰省で宝塚のayaさんと一緒にお出かけしました。

ayaさんとは、数年前友人たちと始めたネットショップでのご縁です。

ネットショップを閉じてからもメールを通じて時々お話するようになりました。

明るくて前向きなayaさんは、いつも優しく私を励ましてくれて

いつか会ってお話したいな願っていました。。。

2年前の秋、京都嵯峨野清凉寺の門前で偶然出会うことができ

今回初めてゆっくりとお話することができました。

ayaさんが宝塚の街を案内してくれました。

アップするのが遅くなってごめんね。。。

宝塚ホテルで待ち合わせをしました。

宝塚と云えば

宝塚歌劇団で有名です。

「スミレの花咲くころ」という有名な歌がありますが

ホテルも宝塚歌劇団のすみれの花を意識した

ヴァイオレットカラーがそこかしこに

散りばめられています。


c0087094_17555621.jpg

こちらのホテルは

有川浩さん原作の小説で

数年前中谷美紀さん主演で公開された映画

「阪急電車」のロケ地です。

花嫁衣装を着た中谷さんが

元恋人の結婚式会場に乗り込み(鈴木亮介さん、安めぐみさん扮するカップル)

別れの言葉を云うシーンの舞台になったホテル

c0087094_18021969.jpg

そして阪神間に住む人々にとっては、馴染み深い


宝塚、今津線

「マルーンカラー」(栗色)と云われ

ヴィンテージの赤ワインのような高級感があり内装は木目調。

シートは深緑色でリッチな造り

他の私鉄とは一線を画しています。




c0087094_18054788.jpg

武庫川にかかる宝塚大橋



c0087094_18061652.jpg

宝塚大橋から見える中州には

「阪急電車」の小説のワンシーンに出てきます。

征志とユキのカップルが

石積み造られた「生」という文字を見て

「生ビール」が呑みたくなるというシーンがあります。

数日前の雨で砂や石が少し流されて

見えにくいですが、「生」という文字が若干残っていて

小説と同じシーンと遭遇して感激です。





お昼は、ayaさんお薦めの宝塚南口駅近くの

イタリアンのお店「アモーレ・アベーラ」さんで

ランチをいただきました。

c0087094_18094666.jpg

生ハムの前菜、アサリのトマトパスタ、仔牛のカツミラノ風



c0087094_18121524.jpg


私が作った作品を愛用してくださって嬉しい。。。





その後

宝塚市出身の漫画家手塚治虫記念館へ

c0087094_18132301.jpg


手塚漫画のヒーローやヒロインの人形が出迎えてくれます。

床も漫画家のキャラクターたちがたくさん♪

c0087094_18144864.jpg

天井にも



c0087094_18150064.jpg

そして

宝塚大劇場に通じる花の道

(宝塚劇場に通じる花道という意味もあります。)

桜が咲くころは特に綺麗だそうで

ソメイヨシノが散り始めていましたが

足もとには、季節の花々やスミレの花も咲いていました。

c0087094_18151604.jpg

阪急グループ 創始者の小林一三氏の銅像です。



花の道には、

手塚治虫漫画の主人公やスミレの模様のタイルが埋め込んでありました。

c0087094_18172596.jpg



c0087094_18171000.jpg

1980年代「ベルバラ」ブームで一斉を風靡しました。

オスカル像


c0087094_17360113.jpg

宝塚大劇場

公演は見なかったのですが、

「宝塚歌劇の殿堂」というミュージアムに入りました。

宝塚歌劇の歴史やスターの経歴、などが紹介されています。


c0087094_17411893.jpg
宝塚駅前付近は

大劇場に合わせておしゃれで綺麗な街並みです。


c0087094_17413714.jpg

駅前のティーハウスで

ティーブレイク

c0087094_17430559.jpg

c0087094_17433844.jpg

ayaさんに素敵なプレゼントをいただきました。


MONO STYLE のnaoさんのキリエの栞です。


ayaさん、ありがとうございました。





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-05-06 18:04 | おでかけ | Trackback | Comments(10)

** la pâtisserie**  


フランス焼き菓子のお店

**HERRIOTT**

横浜にあります。




ラッピングもとってもお洒落で。。。

素敵なので行ってみたかったお店です。



お店もフランスのアンティークや什器が散りばめられて

19世紀のフランスの佇まいを残したような雰囲気で素敵。



c0087094_18081961.jpg

焼き菓子は

美しいアンティークの器に置かれて

お店のシックな佇まいと融合していました。


c0087094_18130504.jpg

c0087094_18133644.jpg



c0087094_00110736.jpg




c0087094_18123214.jpg



c0087094_08392900.jpg




c0087094_18135810.jpg

フォトジェニックなお菓子ばかりです。

c0087094_18142044.jpg




c0087094_08385786.jpg
c0087094_18144585.jpg


アンティークのテイストも甘さ控えめだけれど

器はとてもエレガント






c0087094_18121171.jpg

私はアップルパイと

焼き菓子、メレンゲ菓子を買いました。

アップルパイは、当日家で食べたので写真は撮らなかったのですが

甘さ控えめで素材の味を生かした上品な味。




c0087094_18164556.jpg


家でもアンティークのピューターのフリルプレートに盛り付けました。


ラッピングも素敵ですね♡

しばらく眺めていたいです。


c0087094_18175858.jpg





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-03-20 08:00 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

帰省日記 明石城

帰省日記

父が、「明石へたこ焼き食べにいこか~」と云ったので

明石でいうたこ焼きのことは、大阪のたこ焼きと違って
ソースは、つけずにお出しでいただく明石焼きのこと。

明石の人は、明石焼きのことを「玉子焼き」と呼ぶそうです。

その前に、明石のお城も少し見て
c0087094_23342423.jpg

明石駅の駅前に「明石城公園」があるので
少し散策することにしました。
c0087094_23341573.jpg
c0087094_23343320.jpg
お茶室と日本庭園もあったり、

c0087094_23345074.jpg
木陰でのんびりできるベンチもあって

c0087094_23443541.jpg
こちらは、何の植物だかご存じですか?

名前はよく聞く植物で桐の木です。
天下人、豊臣家の家紋である桐です。
桐は、湿気にくいので桐の箪笥は、よく知られています。
昔は、女の子が生まれると庭に桐の木を植えたそうですね。

私もこうして、桐の木が生えているところは、初めて見ました。
父と一緒に歩いていないと通り過ぎるところでした。

お濠の石の上には、亀が甲羅干しをしていました。
c0087094_23350214.jpg
そして
魚の棚商店街で
お魚をいろいろ買って
もちろん、この日の本命、明石焼きも美味しくいただきました。

明石焼きが大好きな息子のために
冷凍の明石焼きもお土産に買って帰りました。
c0087094_23351102.jpg
ごちそうさまでした。

[PR]
by strawberryfield_b | 2014-11-08 23:57 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
TABLEWARE FESTIVAL 2014~暮らしを彩る器展~

洋の器への誘い

日本の洋食器のブランドメーカーが提案する
洗練された食空間を展開します。



「至福のおもてなし~美しく暮らす~」

大倉陶園

帝国ホテルなどの名だたるホテルで使用される大倉陶園の食器

気品ある優雅なコーディネート

あこがれの世界です。

c0087094_16143846.jpg


c0087094_1614105.jpg




c0087094_16222072.jpg


c0087094_16205333.jpg


c0087094_16161567.jpg


c0087094_16163356.jpg


c0087094_16174163.jpg


c0087094_1618142.jpg


c0087094_1618203.jpg


c0087094_16185732.jpg



****************************


ノリタケ~受け継がれる品格

1904年に誕生して以来
美しく繊細で優雅な洋食器を作り続けてきたノリタケ

1914年には、日本で初めてのディナーセットを完成させたそうです。

c0087094_1626378.jpg



c0087094_16261831.jpg



c0087094_16263695.jpg


↓にもテーブルウェア展②、③、紹介していますので

興味のある方は見てくださいね~
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-02-11 16:06 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
今回の特別企画で

[Style of New York]

ニューヨークをテーマにアメリカで
新しくファッショナブルに暮らすニューヨーカー達の食卓スタイルを紹介します。

c0087094_1533334.jpg



c0087094_15334754.jpg


c0087094_15471462.jpg



c0087094_15344990.jpg

ジョナサン・アドラー


c0087094_1545429.jpg

ウィリアムズ・ソノマ



c0087094_15374142.jpg

マッケンジー・チャイルズ

c0087094_15383776.jpg



c0087094_15385846.jpg


ニューヨークのコーディネートは、

どれも都会的で洗練されたアーバンスタイルですね~

c0087094_1543495.jpg


c0087094_1543182.jpg


c0087094_15453273.jpg

[PR]
by strawberryfield_b | 2014-02-11 15:49 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
すっかり、更新が遅くなってしまいましたが
2月6日に行ったTABLEWARE FESTIVAL 2014~暮らしを彩る器展~の
紹介、引き続きしていきますね。

「彩りの暮らし」
各界著名人たちのテーブルコーディネート

田實碧さん (空間デザイナー)

モロッコのティーセットが並んだエスニックでおしゃれな空間

c0087094_14243683.jpg



c0087094_14245067.jpg



加藤タキさん(コーディネーター)

c0087094_14272911.jpg



c0087094_142716100.jpg

加藤さんのお気に入りの器を中心に
古いものであったり、
お母様の器であったり、旅先で購入された思い出の品であったり
いろいろとミックスされて
スタイリッシュで素敵でした~

都会的なミックススタイルですね。



シネム・クルチさん(駐日トルコ共和国大使夫人)

c0087094_14313959.jpg



c0087094_14315461.jpg

トルコの美しい模様が、エキゾチックで素敵
エレガントな椅子とも似合っていますね。


地中海の海の色とトルコの器が美しくマッチして素敵でした。



竹中麗湖さん(いけばな作家・空間プロデューサー)

c0087094_14351724.jpg


ガラス使いがとても個性的でスタイリッシュですね~

c0087094_143531100.jpg




節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人
(画家、随筆家、パルデュス財団名誉会長)

c0087094_14372641.jpg



フランスの陶器
アスティエとのコラボで製作された繊細な器があって
目を奪われました。

c0087094_1439199.jpg



c0087094_14393726.jpg

[PR]
by strawberryfield_b | 2014-02-10 14:01 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
先週の木曜日、東京ドームで2月2日~10日まで開催されている

TABLEWARE FESTIVAL 2014

に行ってきました。

数年前訪れたことがありましたが、久しぶりです。

c0087094_15352666.jpg


最初に見たのは、各界の著名人がコーディネートしたテーブルセッティング

石坂浩二さん(俳優)

c0087094_15374237.jpg


ドールハウスや、仮面が印象的

石坂さんが所有されている椅子を使ってのコーディネート
c0087094_15395258.jpg




今田美奈子さん(洋菓子研究家 食卓芸術家)

c0087094_15415477.jpg


華やかで美しい今田さんのコーディネート
女性好みのエレガントなセッティングです。

c0087094_15432795.jpg

テーブルのアレンジメントや食器などがバラの花でコーディネートされていて

そして圧巻なのは、
この赤いテーブルクロスのテーブルセッティングは、
実際のコーディネートを元に今田さんがシュガーデコーレーションで作られたケーキなのです。
素晴らしい芸術作品です。
c0087094_1544162.jpg




江上栄子さん(料理研究家)
スタイリッシュで素敵です。
c0087094_15474795.jpg



c0087094_1548379.jpg

レオパ柄の食器、スタイりッシュで素敵ですね~
最近、レオパ柄の小物が好きでマフラーや手袋、靴など愛用しています。

夫曰く、「最近、大阪のおばちゃん化してきたな~」ですって!
言い訳じゃないけど
レオパ柄は、自分でも上品にコーデーしてるつもりで
目玉のある豹とかは嫌いです。
男性ってレオパ柄ってあまり好きじゃないみたいですよね。
年齢とともにレオパ柄が好きになってくるというのは、
よくわかります。
ファッション評論家の植松氏によると
年を重ねた女性は、「レオパ柄」を身につけることによって
パワーをもらうそうです。
うーん、なるほど、確かに一理あると思います。
私も若い頃は苦手で、その時代は「豹柄」って呼んでました。


器と全く関係ない話でした。



落合なお子さん(トータルライフコーディネーター)

端午の節句のコーディネート
c0087094_15546100.jpg



c0087094_1554458.jpg



c0087094_1555048.jpg

ナプキンが菖蒲の花を表現していて素敵です。


今回、気付いたら200枚以上写真を撮っていました。(汗)

いままで2回行った時は、友人と行っていましたが
今回は一人だったので
撮影に没頭していました。。。

2009年

2010年

また少しずつテーブルウェア展の記事を更新していきます。


↓にも雪の記事更新しています・・・
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-02-09 16:15 | おでかけ | Trackback | Comments(10)

フランス三昧

先日、友人と横浜に映画を観に行ってきました。

映画を観に行くのは、久しぶりです。
今年の初め「レ・ミゼラブル」を観に行って以来かな・・・

映画のタイトルは「タイピスト」1950年代後半のフランスでのお話。
田舎を飛び出したローズが憧れの秘書をめざして保険会社に就職するが、クビを言い渡されてしまう。
クビを免れるには、タイプの早打ち世界選手権に優勝すること。
保険会社の上司との恋も織り交ぜながらタイプの早打ち選手権を目指して奮闘するローズを描き
当時のかわいいファッションとカルチャー満載のおしゃれな映画です~♪

c0087094_14165631.jpg

(タイピスト フォトギャラリーより画像お借りしています)

ローズのおしゃれでかわいいファッションにくぎづけです。


そして映画を観る前は

MARK IS みなとみらい へ行きました。
c0087094_14305578.jpg


行列、必至の人気店 LA MERE POULARD
c0087094_14312890.jpg


行列覚悟で行ってきました。
フランスのモンサンミッシェルで宿屋を開いたプラールおばさんのお店の看板メニューだそうです。

レストラン街オープンの11時にちょうどに着きましたがもうそこは、長蛇の列。
考えが甘かった・・私たち
早い人は何時に来て並んでいるのでしょう?
最初の回は、満席なので1時間ほど待つことに。
みなさん、もう根性座っている方々ばかりで
並ばれた人は、このお店のオムレツを
食べるためならと、途中で列を離れる人は全然いませんでした。

私たちがたのんだコースは、オードブルとココット料理がついた人気のオムレツ料理のセットメニュー。

サーモンと海老のサラダ、の前菜
c0087094_14401689.jpg

メレンゲが入ったふわふわのオムレツは、なんと玉子三個でこの大きさだそうです~
c0087094_14393647.jpg


初めて経験するふわふわオムレツ、とても美味しかったです。

フランス映画とフランスの名物オムレツ、おしゃれなフランス三昧の一日になりました~♪
[PR]
by strawberryfield_b | 2013-08-28 14:47 | おでかけ | Comments(6)

ヘキサゴンのキルト

先月行った、キルトフェスティバルのレポの続きです。

今回紹介するのは、私の好きなヘキサゴンのキルト

有名なキルト作家さんや一般の方たちの力作が勢ぞろいといった感じです。

私が好きな作品をピックアップしました。

ヘキサゴンとは、6角形をピースを縫い合わせたキルト

有名なのは、「おばあちゃんの花園」と呼ばれるお花畑をイメージしたキルトやダイヤ型の形にデザインされたものや、タイル細工のようなどれもとても根気が必要な素晴らしいものばかりでした。

(二名の方の作品しか覚えていなかったので。。。二名の方のお名前しか記載できなくてすみません。)

河野早苗さん
c0087094_14292571.jpg

武部妙子さん
c0087094_14293710.jpg


c0087094_14302786.jpg


c0087094_14311871.jpg


c0087094_14314059.jpg


c0087094_14322966.jpg


c0087094_14331671.jpg


c0087094_14343432.jpg

[PR]
by strawberryfield_b | 2012-02-07 14:39 | おでかけ | Trackback | Comments(0)