四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:つぶやき( 21 )

2006年にエキサイトでブログを開設して

今年の8月で10年が経ちました。

飽き性の私が、ずいぶん長くつづけれられたのだと

我ながら感心しています。


c0087094_09314091.jpg


こちらでは、日々のことや、すきなインテリアのこと、アンティークのこと

ブログを通じて世界が広がるといいなと始めたのがきっかけ。

たくさんの方ともお知り合いになったり

多数のインテリア雑誌の編集の方にも声をかけていただき

憧れのインテリア誌や、ハンドメイド雑誌で作品を作らせていただき

貴重な経験をさせていただきました。


気心の知れた友人たちと手作りのネットショップを開設したりと

東京や大阪では手作りイベントに参加させていただいたりと

最初の5年間は、瞬く間に過ぎてしまったような気がします。


母が亡くなってからしばらくブログをお休みしていましたが

帰省のたびに訪れた美しい京都に魅了されて

ブログ再開後は、

インテリア、アンティーク系から

風景写真や街歩き中心になりました。

カメラのレンズを通して

飾らないありのままの風景の美しさに心を奪われて

美しい日本の四季折々の風景を

とどめておきたいと思うようになりました。


最近は交流のあったブロガーさんも少しずつやめていかれたり

SNS全盛のお手軽感でブログをやめられて行かれる方も多く

寂しい気持ちになったのも事実です。



私自身、更新する気力も少しずつなくなり

継続していきたいという気持ちではいたのですが

今年初めから数か月、悩んで

自分なりにモチベーションをあげてきましたが。

長く続かず

ブログを閉じることにしました。

関西在住の友人や京都に住む母の知人も私の近況を楽しみに見てくれていたので

ごめんなさい。


長い間見てくださって、コメントをいただたり

交流やお話させていただいたり


ありがとうございました。

コメントはしなくてもいつも見に来てくださった方、

イイネをくださった方

ブログを更新する励みになっていました。

ありがとうございました。

イイネだけでなく一言なにかコメントしていただきかったのも事実です。



交流あったみなさま、ひとりづつごあいさつするのが

筋かもしれないのですが

ただいま、体調が万全でないので

こちらから感謝の気持ちをこめてのごあいさつにさせていただきます。

10年間

どうもありがとうございます。

noyuri



コメント欄をあけておきますので

メッセージなどいただければ嬉しいです。





追記 8月29日



先日は、私のブログ終了に寄せて

温かな励ましのコメントを多数寄せていただきありがとうございました。

一言、一言、みなさんの優しいお気持ちをいっぱい感じられて

胸が熱くなりました。

初めての方もコメントしてくださりありがとうございます。

親しくお話させてくだった方々も

心温まる励ましの言葉をいただき

ブログを通じてご縁ができたことをほんとうに嬉しく思います。

ありがとうございました。

こうしてたくさんの方々に支えられていたんだと思うと

感無量の一言に尽きます。



また、いつかみなさまとお話できる日を願って

体調を快復させるように頑張ります。



記事はしばらくそのままにしておきます。


今までお付き合いいただきありがとうございました。



いただいたコメント、ゆっくりですがお返事させていただきますので

お待ちくださいね。

noyuri











[PR]
by strawberryfield_b | 2016-08-26 10:00 | つぶやき | Trackback | Comments(64)

感謝




先日の3.14 HEART TO X FESでは

たくさんの方に訪問、イイネをいただきありがとうございました。

(当日はコメントを閉じていたのでお礼のごあいさつが遅くなりました。)

日頃を何気なく過ごしている日常ですが

Ricoさんのブログを通じて

自分の気持ちを伝えることの大切さ。

いろいろ共感することがいっぱいでした。


素敵なお写真を撮られるみなさまとご一緒に

参加してこれを機会に

また新しいつながりをいただけたことに感謝しています。

Ricoさんありがとうございました。


c0087094_23482638.jpg

久しぶりに晴れた日、

雛人形などを片付けて

春の花でブーケを作りました。

プチ模様替え、気分もスッキリ♪

また一歩気持ちが春に近づきました。





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-03-17 08:00 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

3.14 HEART TO HEART × FES




3.14 HEART TO HEART × FES


3月14日はホワイトデー


3月14日

大切な人に感謝の気持ちを伝えよう。




3.14 HEART TO HEART × FESに参加します。



堅い桜のつぼみが少しずつ緩み始め

桜前線が北上し始め春がめぐってくる



c0087094_00370735.jpg


早咲きの桜に合わせて母が好きだった桜色にしつらえました。


4年前、母と京都の街を

一緒に歩いて紅枝垂れ桜の咲く川沿いの道をそぞろ歩きした

あの日のこと。。。

さくら色のように淡くせつなく。。。

大切な想い出は心の奥にそっとしまって



ありがとう


感謝の気持ち、届きますように。。。


c0087094_00491854.jpg


そして

今日は父の誕生日

健やかな一年でありますように。。。

感謝をこめて。





3月14日

Ricoさんがはじめ

たくさんの方と繋がり、大切な人に

ありがとうと伝えられたことを感謝します。。。






エキブロ春の投稿まつり「3.14 HEART TO HEART × FES」


[PR]
by strawberryfield_b | 2016-03-14 01:24 | つぶやき | Trackback

祈り

c0087094_10320549.jpg

あれから5年。

巨大地震と未曾有の津波が

尊いたくさんの方々の命と穏やかな日常を奪いました。

まだまだ復興が進まない現状。。。

東北や東日本の被災地に祈りをこめて。




[PR]
by strawberryfield_b | 2016-03-11 10:44 | つぶやき | Trackback

「海難 1890」

12月のことになりますが

映画「海難 1890」を観てきました。

5年前、父の友人Yさんご夫婦から招待され(和歌山県串本町在住)
私は、初めて和歌山に行きました。

和歌山県の潮岬と言えば、本州最南端、台風の気象情報などで

よく耳にする台風が接近するところです。

Yさんは、先祖代々和歌山の串本に住まわれ、

地元への愛が深い方です。

結婚するまで、近畿に長年住みながら、和歌山に対しての知識がなかった私。

Yさんが最初案内してくださったのは

串本町トルコ記念館に行き

初めて和歌山とトルコの人達の深い友情の実話を知りました。


*************************************


そして約100年後、

1985年、イラン・イラク戦争によって

帰国の便が断たれた日本人乗客を優先的にトルコ便の飛行機に搭乗させてくれたトルコ政府とトルコの人々の真心。

テヘランの邦人救出劇

100年以上も前の和歌山の人達の真心が通じて

100年後、トルコの人達によって日本人は救われたのです。

心熱くなる実話が映画化されました。

ここ数年は、池上さんのテレビなどで取り上げられたりしますが

たくさんの人に観てもらいたい映画です。


c0087094_15105122.jpg







[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-12 15:19 | つぶやき | Trackback | Comments(2)
半月ほど前にこの記事を更新しようとしたら
間違って記事を消してしまいました。

再び、気を取り直して更新します。

ブログの記事は、時間のある時にまとめて
下書き保存して予約投稿することが最近多いです。



c0087094_17242817.jpg

今年は、ターシャ・テューダーが誕生100年

2008年ターシャが亡くなってから
7年の月日が経ちました。

8月末にNHKのBSで
ターシャ・テューダーのテレビ番組が放送されました。

生前、ターシャが元気な頃、バーモント州のガーデンで
庭仕事をする様子を振り返りながら
ターシャの遺志を継いで
この庭を守っている長男夫婦や孫夫婦の現在の様子を紹介していました。



バーモントでの暮らしや庭の草花を愛し
飼い犬のコーギー犬や鶏と
穏やかな余生を送ったターシャ。
彼女の言葉、ひとつ、ひとつが胸に響き
斎藤由貴さんのピュアなナレーションとともに
心に響く素敵な番組でした。


c0087094_17353479.jpg


c0087094_17360312.jpg

[PR]
by strawberryfield_b | 2015-10-01 17:18 | つぶやき | Trackback
5月のことですが

三年ぶりにプロ野球交流戦を観戦しました。

c0087094_14261971.jpg

ひそかに、子供の頃から
阪急ブレーブス→オリックス・ブルーウェーブ→オリックス・バッファローズのファンです。


かなり年季が入り、
浮気せずにずっと子供の頃から一途に応援しています。

子供の頃好きだったアイドルスターや、好きな俳優さんの好みは、
目まぐるしく変わったのに、野球の贔屓のチームは、変わりません。

オリックスを応援している女性ファンなので一応オリ姫?ですが。。。


野球好きのお友達Yちゃんから誘ってもらって久しぶりに
横浜スタジアムへ。

c0087094_14263947.jpg


3年ぶりのハマスタは、大きく変化していました。
今年のベイスターズは、破竹の勢いで勝ち続けセリーグでは、一位です。
そして横浜スタジアムも女性ファン獲得のために
球場を一部改装して女性トイレを増やしたり、ファミリーで観ることができるような席を用意したりと
球場内も以前より、快適な環境になっています。

c0087094_14272567.jpg



破竹の勢いのベイスターズに対して
充実補強選手の入団が期待外れの大敗が続く最下位のオリックス。

c0087094_14273070.jpg
7回の裏ベイスターズの攻撃

ウェーブです。


試合は8回の裏まで
余裕の4対0。


9回の裏、最後の守り、この回を三人で抑えれば楽勝というゲーム。
しかし、9回抑えの投手が出てから
あれよあれよという間に
ノーアウト満塁、
そして3点をいれられてしまい、もうだめかと思ったけれど
最後なんとか持ち堪えて4対3で辛くも逃げ勝ちました。。。

試合に勝ったと言っても必ずしも
喜べないような勝ち方でした。
オリックスの勝利よりも、ベイスターズの底力をみせられたようで
今季絶好調のベイスターズと絶不調のオリックス、対照的な試合運びでした。
敵ながらあっぱれです。

試合終了後
7回を投げて0点に抑えて自らヒットを打ち
この日のヒーローになった投手ディクソンのインタビュー

c0087094_14273763.jpg

Yちゃん、久しぶりの野球観戦、誘ってくれてありがとう。
日本ハムのファンだけどこの日はオリファンになってくれて一緒に応援してくれて
楽しい時間をありがとう。









そしてその後も
オリックスの低迷は続き
数日前、自力優勝の可能性は今季無くなってしまったというニュースが。
昨年は、パリーグで久しぶりのAクラス入りで2位になり
クライマックスシリーズでは、3位に負けるという惜敗でしたが
今年は、充実補強もあり、私も優勝戦線には当然絡み活躍を期待したのですが。。。
新加入の助っ人と現メンバーも怪我人続出、
抑えの投手も不調で

悔しくて残念です。

一昨日、森脇監督が休養するという報道がありました。
これは、実質的には、退任ということだそうで
個人的に森脇監督が好きだったので
もう少し頑張ってほしかったという気持ちでいっぱいです。
監督自身も不本意だったのかもしれませんが
監督の意思だけではなく、そうせざるを得なかったのでしょう。。。

前監督の時は選手たちとの不協和音とか囁かれていたし、
森脇監督になってからチームの状態もよくなって
昨年は2位になったのに。。。
もう少し長い目でみてほしかったなと思います。
私の個人的な気持ちですが。。。

今年の交流戦で見たT岡田君、
打者としては、パワーもあり、強打者ですが
体が肥り気味なので、怪我も多く2軍になって調整したりすることもたびたびあって。。。
それが、残念だったのですが
今年の岡田君は、見事に体を絞って
肥り気味体型から、肉体改造をしてスマートになっていてびっくり。
彼の今年に対する本気度が感じられて
私が観た試合でもヒットを打って期待に応えてくれていました。


試合直後にもしこの記事をアップしたなら、
もっと明るい気持ちで記事をアップできたけど
1週間後の今日は、
悔しくて、悲しくて、
なんとも切ない気持ちです。













[PR]
by strawberryfield_b | 2015-06-04 14:46 | つぶやき | Trackback | Comments(6)

花子とアン

9月も半ば近くになりました。。。

毎朝かかさずに見ている朝ドラ「花子とアン」も今月で終わりです。

ドラマも、佳境に入りました。
戦時下で村岡花子さんが厳しい規制の中カナダ人の恩師から預かった
「ANNE OF GREEN GABLES」の翻訳を
戦争が終わって翻訳本を出版する夢を持ち続けて
「赤毛のアン」の翻訳に取り組んでいるところが描かれています。

カナダの美しい自然豊かなプリンスエドワード島に住むマシュウとマリラが
想像をするのが大好きな孤児の少女アンを引き取り
アンがプリンスエドワード島を舞台に成長していく物語。

子供の頃、アンのように想像をめぐらして
美しいカナダ、丘に立つアンの家、手作りの暮らしをわくわくしながら読みました。

そして大人になって、家庭を持ってから
また読み返して、私ってこういう手作りの生活が心の底から好きだったんだと
改めて、感動し、子育てしながら、パッチワークや、お菓子作りをしたり。
c0087094_22434374.jpg

そして年を重ねても、当時のように縫い物には精を出せなくなったけど
料理やお菓子作りなど手間ひまかけて作る
時代に逆行するような生き方を選んでしまいます。

c0087094_22431015.jpg

正直、「アンのゆりかご」を読む前までは
戦争の厳しい状況の中描かれていることとは知らず、
村岡花子さんが、命がけで
夢見る少女たちのために翻訳されていたとは。。。
ドラマで今日の放送は英語で書かれた蔵書や辞書、原稿を花子さんが守るところが描かれていました。

私達が、読んでいる「赤毛のアン」は
そのような暗い厳しい状況下で翻訳されたとは思えないほど
瑞々しく、美しい文章で、
「輝く湖水」、「恋人たちの小道」など、赤毛のアンになりきって
想像を膨らませるような余地がたくさんある綺麗な文章です。

今日のドラマのワンシーンを見て、涙が出て
「花子さん、ありがとう」と
思わず呟いてしまったほどでした。

今、世界の中でで取り巻く状況は、
いつ大きな戦争が起こるともわからないほど。
たくさんの人々が命を失う恐ろしい戦争は、二度と起こしてならないことなんだと。

c0087094_22441499.jpg


ずいぶん前に作ろうと思って買っていたフェリシモのキルトのキット。
もう4、5年は、経つかしら。。。(苦笑)
すっかり熟成させてしまいました。。。(汗)
16枚ブロック分あるので
パッチワークのように時間を少しずつ紡いでいきながら
繋げていこうと思います。

来週は、「赤毛のアン」が大好きな心の友と一緒に
「村岡花子と赤毛のアンの世界展」を見に行こうと思います。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-09-12 22:50 | つぶやき | Trackback | Comments(12)

しばらく・・・・

少し更新がお久しぶりになってしまいました。

ご挨拶が遅くなってしまいましたが、7月のweb shopには、お買い上げしていただきありがとうございます。
到着メールもいただき、いつも嬉しく読ませていただいています。
ありがとうございます。

6月下旬から、心落ち着かない出来事がありました。
web shopも無事に終了しましたので
しばらく、ブログの更新お休みします。
8月はじめには、久しぶりの嬉しいお知らせとかもあるのですが、それは、また落ち着いたらしたいと思います。

*********************************************

6月はじめ、私がテレビで野点の特集を見て素敵だね~と話をしたら
母が、送ってくれた「野点」のセットです。
野点とは、一般的なお茶会と異なり野外で自然を楽しみながら作法にとらわれずに行うお茶会のことです。

c0087094_17344623.jpg


野点用のバスケットの中には、いろいろと入っていました。
少し小さめの茶器、茶せん、なつめ、懐紙、お菓子入れなどなど・・・
c0087094_1736287.jpg


ほかに、私好みの優しい色合いの和小物も入っていてとっても嬉しい。
c0087094_17381393.jpg


c0087094_17393624.jpg

母お手製の小物入れです。

母からのとても嬉しいお届け物でした。
[PR]
by strawberryfield_b | 2012-07-22 18:00 | つぶやき

心打たれた言葉

c0087094_1824217.jpg


今話題で大人気のNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」
以前、その話題をブログで触れたときに
2月5日のNHKアーカイブスに小篠綾子さんを取り上げた番組があるのを「京都ふわり」のmnaさんから教えてもらいさっそく録画して何度も観ました。
綾子さんの生き方、考え方には、深く心に響くものがあり、ノートに書きとめました。

長女ひろこさんが出演してアナウンサーと一緒に過去の映像も交えて母、綾子さんの半生やユニークな子育て方法、などを語られていました。

綾子さんが74歳になってシルバー向けのブランドを立ち上げられたこと。
娘さんたちが、70歳を過ぎて綾子さんに「おかあちゃん、そろそろ引退して、ゆっくりしたら。」と言ったら
綾子さんは、娘さんたちに「あんたらは、私を殺す気か?」と言ったそうです。
綾子さんは生涯現役を貫き、人間、目的や理想がなくなった時、老いていく、60代、70代、これからが青春、まだまだこれからやという気持ちで頑張ってこられたそうです。
だから娘さんたちの引退したらという言葉に「私を殺す気か」と言ったのでしょう。
綾子さんの葬儀には、たくさんの方がお別れにこられて、みなさんは、笑顔で「ありがとう」と綾子さんにお礼を言って花びらを撒くシーンが映されていました。
綾子さんは生前、人の笑顔を見るのが何よりも幸せで「与えるは、受けるより、幸いなり」という聖書のキリストの教えを貫いてこられたんですね。

最近、体も疲れやすいし、手も痛いし・・・なんてへこむことが多くて、いまさら何をやってもな~って諦めることも多かったけど、勇気をいっぱいもらった言葉でした。

私もまだまだこれから。がんばらねば!!
[PR]
by strawberryfield_b | 2012-02-16 18:30 | つぶやき | Comments(4)