四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:神戸( 35 )

旧居留地界隈を散策した後、

元町~南京町~栄町~神戸港メモリアルパーク~神戸メリケンパークまで歩きました。



c0087094_22461828.jpg


そして、再び来た道をまた戻り、三ノ宮東遊園地まで散策。


駅からいうと神戸駅から三ノ宮まで二駅分歩きました。




大丸前の交差点の向こう側には、神戸の中華街「南京町」が見えています。


c0087094_22384611.jpg

凄い人、人、人


元町通りに入り

再び広場の方に行くと

こちらも行列ができていました。


c0087094_22405319.jpg

「これ、何並んでんの??」と思ったら

豚饅のお店「老祥記」に並んでいる行列らしいです。




実は、私神戸に長年住んでいたにもかかわらず
こちらの豚まん食べたことがないのです。



そして栄町を通り抜けて





今回行きたかった場所は、震災遺構の遺る



神戸港メモリアルパークへ。



c0087094_22431082.jpg




c0087094_22451308.jpg


c0087094_22452764.jpg


c0087094_22454154.jpg


c0087094_22461828.jpg
神戸モザイク

c0087094_22464289.jpg

神戸メリケンパーク


この付近は、海外からの観光客ばかり。。。とても賑わっていました。



こちらからポートタワーを眺めるのは、

息子が小学生の時、連れてきて以来だから

ずいぶんと久しぶり。。。

テレビの映像とかで

神戸の映像や写真といえばこのアングルですよね。




再び、来た道を引き返して


大丸の辺りまで戻ってきました。。。


12月4日から始まっ神戸ルミナリエの会場、入口近くです。


c0087094_22494611.jpg

撮影した日は11月29日


途中、まだまだ電気工事の作業が急ピッチで進められていました。。。


c0087094_22522855.jpg


東遊園地


c0087094_22525361.jpg


点灯された時、灯りが池に映りとても綺麗のだそう。


c0087094_22534629.jpg


そして慰霊と復興のモニュメント


1月17日の震災の慰霊行事はこの場所で行われます。


今年の1月で20年目を迎え節目の年になりました。


ルミナリエも今年から

照明もLEDに替わり

今までの電球色とは違った色彩になるようです。






[PR]
by strawberryfield_b | 2015-12-05 23:07 | 神戸 | Trackback | Comments(4)
紅葉の記事はひと休みして

今日は、神戸散策のお話を。。。

私は、神戸で生まれ育ち、23歳の時、神戸を離れて横浜に住み始めました。

横浜と神戸、明治に開港した貿易港をもつ港町ですが

横浜はどこかアメリカ的で(米軍などの基地が近いからなのか)、

神戸はヨーロッパの街角に似ています。


街並みは、晩秋が似合います。



旧居留地は、安政の五か国により外国の治外法権が及んでいた地域のこと。

横浜、神戸、大阪、長崎が有名。

c0087094_20583145.jpg


c0087094_20511740.jpg

大丸 神戸店

c0087094_20510345.jpg

c0087094_20593511.jpg

晩秋、落ち葉が舞い散る頃




c0087094_20585231.jpg



高級ブランドが建ち並ぶ。。。


c0087094_20592040.jpg




c0087094_21013870.jpg


ウィンドーもクリスマスの装いで。。。



c0087094_21000439.jpg





c0087094_20571473.jpg





c0087094_21004352.jpg



プランターの寄せ植え、プレゼントのラッピングみたい。




c0087094_21002477.jpg




c0087094_21070144.jpg



c0087094_21041040.jpg

久しぶりに EH BANKへ




c0087094_21061161.jpg


お洒落な店内




c0087094_21095778.jpg

牛すじカレーをオーダー

辛さも味付けもとても好みの味でした。

私、カフェでランチするときは、カレーを食べる割合が高いかも。


牛すじカレーなんて関西ならではですね。

昔、横浜に住み始めてまもなくの頃、お肉屋で牛すじを買ったら

「お客さん、関西か九州の人?横浜じゃ牛すじってあまり食べないんだよね~」と標準語でつれない一言。

当時の私、かなりへこみました。。。


話はそれますが、ちなみに、わが家のおでんの出汁は、昆布と牛すじ。

関西は、おでんに牛すじはかかせません。

お好み焼きにも入れるし、牛すじカレーも作ります。

今は、関東でも結構、メジャーになって嬉しい限り。。。(笑)




c0087094_21064451.jpg


重厚な開店扉、歴史を物語っています。


22年間住み慣れた神戸の街

今、訪れると私も旅行者のひとりなりました。

旧居留地の街並みのように、

洗練されて美しくなっているところもあれば、

亡き母とよく通った三ノ宮の有名手芸店が無くなって、

北欧系の100yenショップになっていました。

元町通りも昔の老舗も少なくなって

全国展開のチェーン店が進出していたり、

昔の神戸を知る私にとっては、少し寂しい気持ちに、

時代の流れを感じ、少しセンチメンタルになってしまいました。









[PR]
by strawberryfield_b | 2015-12-04 21:40 | 神戸 | Trackback | Comments(16)

帰省日記 神戸での日々

10月のことになりますが

帰省中、神戸での日々あれこれ。。。

母が好きだったうさぎの人形を窓辺に置いてみました。

この人形は、うさぎ好きの母に昔プレゼントしたもの


いつもは玄関に置いていましたが、この日は
遠い空に向かって置いてみました。



c0087094_00062618.jpg

庭に咲いているススキや赤まんま、水引草や秋明菊を生けました。


c0087094_00073153.jpg

c0087094_00084870.jpg
ウサギやススキの絵柄の抹茶茶碗

9月から10月にかけて近所のお友達を呼んでのお茶会に使っていたもの。

母のお気に入りだった季節の小物は、

父が大切に、月替わりに並べ替えています。



*********************************



両親の友人のIさんと娘さんのAさんが神戸に来てくださいました。

4人で舞子ビラ神戸での演奏会を聴きに行く前に向かったのは、明石です。


明石へ美味しい穴子寿司を食べに行きました。

明石といえば

新鮮なお魚が獲れるところで有名。

久しぶりに魚の棚市場を歩きました。

地元の方は「うおんたな」と呼ぶそうです。

明石焼きのお店や魚屋さんがたくさん並び

威勢のいい声が飛び交っています。

明石鯛や明石の蛸も有名ですが

明石の穴子も鯛や蛸に引けを取らないほど美味なのです。

京都や大阪で食べる押し寿司とは、少し異なり

柔らかめの押し寿司です。



寿司飯の中には、椎茸の甘煮がバランスよく入っていて

とても上品な味でした。

c0087094_00332061.jpg



c0087094_00340534.jpg

こちらのお寿司には、細かく切った穴子と椎茸の甘煮と大葉が入っていました。


押し寿司や、穴子寿司が
こんなバラエティ豊かで美味しいものだとは。。。
感動ものでした。


c0087094_00344308.jpg
新鮮なネタのにぎり寿司

もちろん、こちらも美味しくいただきました。


***************************************

舞子ビラ神戸にて

「バロック音楽の穣り」を観賞しました。

歌と古楽器、優雅なバロックダンスの饗宴に豊かなひとときを過ごしました。




c0087094_00354633.jpg

優雅な演奏やダンスを観た後は

淡路島や明石大橋を一望できるラウンジでお茶とお菓子をいただきました。

 
c0087094_00365930.jpg
10月だったのでハロウィンスイーツをいただきました。




舞子ビラは、ホテルと結婚式場があります。

子供の頃近くに住んでいたのですが

中に入るのは、初めてで

瀬戸内海や淡路島、明石海峡大橋などを臨むことができ

素晴らしい眺望でした。

ビュースポットの展望室から写真を撮ったのですが

こちらは没写真にてお蔵入り^^;



************************************


ビラを出て帰り際JR舞子駅近くで

c0087094_00374884.jpg

c0087094_00381205.jpg


ちょうど夕日が沈む頃

向こう側にうっすら見える島は、小豆島です。


IさんとAさんの優しく温かなお人柄に触れて
父も私も感謝の気持ちでいっぱいです。

短い時間でしたが、愉しいひとときを過ごせた穣りある秋の一日でした。















[PR]
by strawberryfield_b | 2015-11-02 11:38 | 神戸 | Trackback | Comments(2)

帰省日記 神戸にて

帰省日記

10月中旬
実家の庭
アメリカハナミズキがきれいに紅葉していました。

c0087094_17183512.jpg

神戸の実家にての1コマ。

母が亡くなってから2年余り。
父が暮らす家は、母こそ、居ないものの、母が元気だった頃に作っていた手作りの作品や季節の小物を毎月出して飾っています。
父曰く、まだ傍にいるような気がするのだそうです。

母が大好きだった白い秋明菊が咲き
c0087094_17181432.jpg
父が世話をして大切に育てているジョウロウホトトギスが
今年の秋もきれいな花を咲かせてくれました。

c0087094_17174336.jpg
9月、父が母を偲んで
母が大好きだったウサギの小物を飾った9月のしつらい。

c0087094_17173327.jpg

10月は、ハロウィンだったので
今のようにブームになる前20年以上前から
かぼちゃの小物やオレンジ色の雑貨を集めたり楽しんでいたようで
もちろん手作りの小物もたくさん作っていました。
c0087094_17185247.jpg
c0087094_17182566.jpg

毎晩、父の安否、健康確認で電話をしていますが
天気や食事、花、テレビの話題など
父とこんなに話をするのは、母が亡くなってからかもしれません。

いろいろ喋っていても何かにつけて母の話題になり
こんなにも父に愛されていた母は、幸せな人生を送れたんだなと
秋が深まるとしみじみと感じます。

父は、昭和一桁生まれですが、自分の身の回りのことは、何でも出来
料理や洗濯、掃除など父のペースでやっています。
唯一、苦手なのがお裁縫。
これは、男性だからしょうがないこと。
今回は、母に編んでもらったカーディガンの袖口がほつれてきたので繕ってほしいと頼まれて残り毛糸で修理しました。

今は、お金を出せば、簡単にいろいろなものが手に入る時代。
でも、気に入ったものは、大切にとことん着続けるというものを愛しむ気持ち。
私が忘れかけてしまっていたものを思い出させてくれてような気がしました。




そして、神戸の友人とも短い間でしたが
車で美味しいケーキ屋さんに連れて行ってもらいました。

c0087094_17175818.jpg
秋の果物がいっぱいの
美味しいケーキをいただきました。

独身時代からの友人は、何でも話せていつも近くに居てくれたらなと思います。

楽しい時間をありがとう。



[PR]
by strawberryfield_b | 2014-11-09 17:59 | 神戸 | Trackback | Comments(0)
私が、神戸散策した日は台風が去った翌日。

この日は珍しく夏の神戸にしては、凌ぎやすい一日でした。

店舗の外観のみ写真ばかりですが、
神戸のshopめぐりです。

帰省したら必ず寄るお店

メゾン・エ・トラヴァイユ

c0087094_16212197.jpg


元郵便局を改装した外観がとても落ち着いた雰囲気

c0087094_16211822.jpg

こちらのお店は、ウエアやバッグのほかに
作家物の器や民藝の器を扱っています。


西欧のブロカントのお店

ブロカントティト

アンティーク小物と紙物アイテムを扱っています。
以前は、フランスのアイテムが多かったですが
最近は東欧やベルギーのアイテムも多かったかな。

c0087094_16273391.jpg


以前訪れた時に店内を撮影しています。

海外のボタンや手芸材料、アンティークのメルスリーもあります。
以前手作りの小物を作っていたときはこちらでよく買い物しました。

Rollo

c0087094_16333591.jpg



CEROTE ANTIQUES
c0087094_1636842.jpg


ポスカなどのお店
ONE WAY

c0087094_1639797.jpg


markka
北欧のビンテージの食器の品揃えが豊富です。
カフェもあります。
c0087094_16405816.jpg


以前訪れた時、店内撮影しています。

そしてこちらは、元店舗と看板のみですが
c0087094_16595357.jpg


c0087094_171542.jpg


神戸北野町にあった老舗ドイツパンのお店です。
フロインドリーブ

新店舗は元教会をリノベーションした素敵なところです。

以前の記事はこちら。

帰りがけに父の好きなハードの山食パンをこちらのパン屋さんで買って帰りました。

イスズベーカリー

c0087094_1785098.jpg


c0087094_17133420.jpg


そして、神戸に住んでいた頃、仕事帰りや、友人と行ったコーヒーショップ「ん」

当時コーヒー1杯500円、チーズケーキ500円と
今から考えるとかなり高めの値段だったにもかかわらず
クラシック音楽と丁寧に淹れられたコーヒー、そして店内は、クラシックなインテリアで
古い柱時計がたくさん壁にかけてありました。
学生時代はザワザワとした音楽がかかった喫茶店にしか行ったことがなかったので
大人の世界に足を踏み入れたような極上のひととき。
こんな素敵な空間があるのだと、感激したのを覚えています。

こちらのお店は、阪神淡路大震災以降、以前のトアロードの店舗がなくなり、
帰省の度に、探していたのですがなかなか見つからず。

数年前に街歩きしているときに偶然別の場所で見つけました。

それから数年、当時のままだろうか、内心ドキドキしながら
お店に入ってコーヒーをいただきました。

c0087094_172317.jpg


残念ながら店名は昔のままでしたが
オーナーさんが変わったため、柱時計が掛けてあるクラシックなインテリアでは
なかったのですが、
丁寧に淹れられたコーヒーは当時のままでした。
散策の後だったので暑いからレイコーで
(アイスコーヒーのことを関西では、レイコーと呼びます。)

神戸で有名な萩原珈琲の豆でした。

コーヒーをもってきてくれた若いウェイトレスさんにこのお店にまつわる
私の思い出話を聞いてもらって
こういう一人でのんびりときままに散策するのもいいものだな~と感じました。

この近辺にもジャズバー[SONE]があり
こちらも、思い出の場所なので
当時を思い出してまた行ってみたいなと思います。

神戸出身のジャズピアニストの小曽根真さんのお父様のお店です。

長々と神戸の散策お付き合いくださってありがとうございました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-22 17:39 | 神戸 | Trackback | Comments(6)
神戸北野町、界隈を散策すると
たくさんの異国の建物と遭遇します。

シュウエケ邸
c0087094_17322131.jpg


c0087094_187642.jpg


c0087094_17322277.jpg


シュウエケ邸(Choueke House)は兵庫県神戸市中央区にある異人館。 重要伝統的建造物群保存地区「北野町山本通」伝統的建造物-27。
明治29年建築家ANハンセルの自邸として建設されたゴシックを基調するコロニアルスタイルの西洋館。広い庭園は芝生に石灯籠を配置した和洋折衷で、他にも屋根に鯱がのるといった和の要素が随所に見られる。 現在もシュウエケ家の自邸として使用されているが庭園と1階の一部が一般に公開されており、館内は年代物のフランス製家具や大きなシャンデリア、暖炉等クラシカルなインテリアで統一され、壁面には明治時代の浮世絵約200点が飾られている。

ウィキペデイアより抜粋しています。

東天閣   
(旧ビショップ邸)
明治32年
c0087094_1735526.jpg




神戸モスク

神戸モスク(こうべモスク)(Kobe Mosque)は兵庫県神戸市中央区の山本通の南、パールストリートにあるイスラーム教寺院、歴史的建造物。神戸回教寺院、神戸ムスリムモスク(Kobe Muslim Mosque)が正式名称。ムスリムとはイスラム教徒の意。
1935年(昭和10年)、神戸在住のトルコ人、タタール人、インド人貿易商らの出資により建てられた日本で最初のモスクである。
イスラム教徒かどうかを問わず、モスク内部を見学可能である。男性は一階の礼拝堂、女性は二階の礼拝堂。多数の見学の場合は事前に要連絡。見学の際、肌の露出(半ズボン、ミニスカート等)は慎むこと。隣接したイスラーム文化センターでは、イスラム教徒を問わず勉強会を行い、広くイスラム基礎知識を提供している

c0087094_1742185.jpg



c0087094_17393267.jpg



c0087094_17434154.jpg



c0087094_17453920.jpg



今回は、観光スポットになっている異人館街には
行きませんでしたが
以前の記事はこちら

神戸北野異人館

私は、古都奈良や京都にある神社、寺院などの日本の古い建物も好きですが
明治維新以降建てられた
洋風建築を見るのも好きです。

神戸は、明治維新以降、開港されて発展してきた街で
歴史は、浅いのですが
横浜と同様に西洋文化をいち早く取り入れて、吸収し
ハイカラ文化、おしゃれな街として発展してきました。

明治以降、異国から遠く離れた神戸に住んだ方々は、
坂を上った高台に家を建て
眼下に広がる海を眺めながら
故郷のことを想ったのでしょうか。。。

そんな私も
神戸を離れて初めて神戸の良さに気付きました。

こうして、帰省できるのも
父が元気に暮らしているから。

故郷を離れるということは、
若い頃は、何も考えずに出たけれども
いろいろと想いをめぐらせるものなのです。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-20 18:13 | 神戸 | Trackback | Comments(10)
神戸 北野町での人気カフェ
TRITON CAFEは、北野坂の途中にあります。

c0087094_21202327.jpg


一人ランチは、基本的にあまり得意ではないけれど
こちらのお店の窓側の席は、
一人で入っても、窓を見ながら、通り過ぎる人や街の風景を見ながら
ぼぉーと眺めていると時間があっという間に流れていきます。

ランチプレート
c0087094_21212411.jpg

蛸と枝豆のトマト味のペンネ、パン、サラダ

c0087094_21232445.jpg

ホットティーとミニデザート

もっとゆっくりしていたいけれど、
神戸で過ごす貴重な時間は、有効に使わなければ。。。

昨年秋は、海側に行ったから
今年の夏は、山側方面へ。

神戸の人は、北側のことを山側南側のことを海側と言います。
それは、神戸の地形からそう呼ばれていて
南に瀬戸内海、北には、六甲山系の山があるからなのです。
山側に行くには坂がつきもの。
神戸の街は、方角がわかりやすくて
方向音痴の私でも道に迷わずいける訳です。

c0087094_21251682.jpg

中山手通りから北野坂を望む。

神戸は、山と街と海が、うまく融合された街。

グリーンが印象的だったカフェ
c0087094_21342873.jpg


私がまだ、結婚前に神戸にいたころは、
ここは、おしゃれな北イタリア料理のお店でした。

当時は、イタリア料理のお店も少なかった頃。
食べたのは、生パスタのほうれん草麺のベーコンクリーム味でした。
当時はパスタのことをスパゲッティと呼び、ナポリタンやミートソースが主流の時代。
和風パスタが台頭してきて、少しずつイタリア料理店も神戸の街に増えてきた頃です。
生パスタを初めて食べた時の感動は衝撃的でした。

CHECK &STRIPE
手作り好きの方ならご存知の方も多いのではないでしょうか。
オリジナルの生地やヨーロッパで買い付けたレースやボタンはかわいくてとても人気です。

c0087094_21491813.jpg


お店も白を基調にしてとてもかわいい。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-19 21:57 | 神戸 | Trackback | Comments(8)

2014 summer in Kobe

2014 年8月11日 神戸にて。。。



大好きな神戸の風景をいろいろ切り取ってみました。


c0087094_0155780.jpg




おしゃれなカフェ、異人館、ドイツパンの旧店舗

異国の寺院、ドイツパンの看板、雑貨屋のエントランス



また、少しずつ紹介していきます。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-18 00:22 | 神戸 | Trackback | Comments(4)
京都散策は、ひとまずお休み。

なんにも予定がなかった日、午後から急に思い立って神戸岡本へ。

岡本は、学生時代に通った街なので、久しぶりでなつかしい~

駅に降りてすぐの角を右に曲がると、行列ができていて。。。
食パンで有名な「フロイン堂」がありました。

昔はもう少し本山よりだと思いましたが
場所も移転して昔の面影を残しつつもしゃれた感じのパン屋さんになっていました。

フロイン堂は、神戸のフロンドリーブの支店として出されたそうで
昭和7年創業で歴史があります。
レンガの窯で焼くパンは有名で
私が、学生の頃は、おばあちゃんもご健在で
お店の番をされていました。

ちょうど、食パンが焼きあがった時間だったので、行列に並び、
食パンをゲットしました。

食パンは焼き上がりの時間に行かないとすぐに売り切れてしまうので
昔も通ったのですが、なかなか食パンの焼き上がりの時間には
行けずに買えることが難しかったので、ラッキーでした^^

私の前に並んでいた、おしゃれなマダム。
硬めのパンなのね、やめとこうかしら・・・と言って列を抜けて。。。
なんと、もったいない。
ハードな山食パンは、とっても美味しいのに。。。
残念だな~と思いました。



それから、久しぶりに大好きなフランス雑貨のお店

ル・グラン・トレゾワ」さんに行きました。

三宮店には、帰省したときはよく行くのですが、岡本店は久しぶり。

フランスの甘くてエレガントな香りに包まれた店内には
素敵なフレンチ雑貨が並んでいました。

c0087094_17314233.jpg


c0087094_17315897.jpg


c0087094_17323969.jpg


c0087094_17331883.jpg


c0087094_17332988.jpg


お店のオーナーさんもしばらく伺っていなかったのに
私のことを覚えてくれていて嬉しかったです。

お友達へのプレゼントと自分用にブルー系のアンティークのプレートを買いました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-06-22 17:37 | 神戸 | Trackback | Comments(10)
栄町通りから旧居留地界隈を散策してから
久しぶりに異人館街へ向かいました。

トアロード周辺にある南フランスのマルセイユの古いアパートをイメージした外観。
MEDITERRASSE
c0087094_2204993.jpg


今年の夏帰省した時は、中山手通りにある雑貨屋さんまで行ったのですが
そのときは、確か猛暑日を記録した日。
ハンカチ片手に汗だくで、坂を上ったことが嘘のような
この日は、11月にしては気温の低い日でした。
神戸の街でも真冬のコート姿の人が多かったです。

そして今回もMAISON et TRAVAILさんへ行き少し買い物をしました。

お店の方と器の話とかしていたら
あらあら、もう3時前になっていました。

4時には、父と三宮で待ち合わせ。
これは、途中でカフェに寄って休憩する暇もなさそう。。。

急ぎ足で、異人館通りをめざします。

シュウエケ邸
c0087094_22115227.jpg

現在も私邸として使用されているそうです。
c0087094_22121019.jpg


ここは、名前はわからないけどレストランかしら。
c0087094_22233699.jpg



シュウエケ邸の近くにあるロシア雑貨のお店「いりえのほとり」で
クリスマスバージョンのかわいいマトリョーシカを買いました。
(写真を撮り忘れました。)

ここは、スターバックスコーヒー北野異人館店
異人館の建物です。
ほんとは、ここに入ってみたかったけど、
時間がなく、外観だけでもと写真を撮りました。
c0087094_22324484.jpg


c0087094_2217506.jpg



にしむら珈琲
c0087094_22183925.jpg


昔は、神戸で珈琲と言えば
「にしむら珈琲」でした。

あっという間の散策。
大急ぎで父との三宮での待ち合わせ場所に向かいました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2013-12-12 22:33 | 神戸 | Comments(4)