四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー

<   2014年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

京都 春の特別公開
霊鑑寺
c0087094_2215222.jpg

今回の帰省で私が訪れてみたかったお寺です。

椿の寺として知られている霊鑑寺は、椿の咲く4月始めから4月中旬にかけて
春の特別公開があります。
こちらのお寺は、臨済宗南禅寺派の門跡寺院。
後水尾天皇が「円成山、霊鑑寺」の山号と寺号を勅許し、皇女を入寺させたことから始まって
明治維新まで5人の皇女や皇孫が入寺することになった尼寺門跡寺院です。
別名「鹿ケ谷比丘尼御所」「谷の御所」と呼ばれる由緒ある寺院です。

境内を入ってすぐにある「つくばい」には境内に咲いている椿が
きれいに並べられています♪

c0087094_2253411.jpg


起伏のとんだ境内には、約50種類もの椿があり
奥へ進むにつれて色々な椿が現れて訪れる人々の目を楽しませてくれます。

これから↓たくさんの椿を紹介します。


優しい色合いの椿。
c0087094_22344241.jpg


椿とは思えない大きさと形、華やかですね。
日光椿といいます。
c0087094_22345770.jpg


本堂では、狩野永徳や円山応挙などの襖絵や皇女が愛玩した人形や雛人形などが展示され
雅な格調高い寺院だったことがわかります。
c0087094_22353084.jpg


c0087094_2237215.jpg


斑入りの椿もかわいい(舞鶴)
c0087094_22371518.jpg


ふかふかした苔の絨毯に落ちた落ち椿も風情があります。(羽衣)
c0087094_2239597.jpg


桜の花びらと苔の絨毯
c0087094_22431717.jpg


c0087094_22442275.jpg

こちらの「つくばい」も素敵です。

桜と椿の競演ですね~

こちらのお寺の主役は椿、
この時期、桜が主役の京都ですが
霊鑑寺では脇役に徹しています。
c0087094_22472470.jpg

雪のように敷き詰められた桜花びら
c0087094_22473688.jpg


参道も桜の花びらに彩られてあくまでも脇でひっそりと。。。
c0087094_2252137.jpg


灯篭と落ち椿、しっとりしたお庭に溶け込んでいます。
c0087094_2253710.jpg


c0087094_22543464.jpg


c0087094_22545391.jpg



椿の可憐さと美しさを思う存分堪能できる密やかなお寺でした。

2年越しの願いがかなって
今年の春、霊鑑寺を訪れることができた喜びを心からかみしめることができました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-30 23:08 | 京都 | Trackback | Comments(6)
椿を見に法然院へ。。。

c0087094_18115669.jpg


石畳の参道を進んで
茅葺きの山門をくぐると

緑豊かな木々に囲まれた静寂な空間が広がります。

山門を入った両側には白い砂を盛っている
白砂壇(びゃくさだん)があります。
波紋が描かれていました。

c0087094_17502459.jpg



初めて訪れたのは、5年前の紅葉の頃でした。

そして2年前の春に再訪し
今年は3回目。
でも、もっと何回も訪れているような気持ちになります。
京都のブロガーさんの記事を見て
自分もお寺の中に佇んでいるような気持ちになります。

法然院を初めて訪れてから
こちらのお寺の凛とした佇まいや空気感が大好きで・・・

c0087094_181041100.jpg


この時期ならではの美しい椿のしつらいの数々。

c0087094_18105959.jpg


c0087094_18111214.jpg


色とりどり椿が浮かべられて
見本帳のよう。。。

c0087094_1817182.jpg



c0087094_1814455.jpg



c0087094_1818992.jpg




心豊かな時間を過ごすことができました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-29 18:27 | 京都 | Trackback | Comments(16)
哲学の道は、銀閣寺橋から若王子橋までの疎水沿いの道。
約2キロに小道には、桜並木が続き「関雪桜」と呼ばれる360本の桜が植えられています。

大正時代に橋本関雪と夫人が寄贈したといわれています。
夫人が亡くなった後、関雪が夫人を偲んで歌を詠んだそうですね。

ソメイヨシノや山桜、八重桜などが植えれて、雪柳、レンギョウ、ミツマタなどとの
桜との共演が楽しめるのです。

ソメイヨシノが散って花筏も終わりに近づいた時期だったのですが
山桜などを楽しむことができました。

c0087094_1750043.jpg


c0087094_1750156.jpg


c0087094_17503789.jpg


昼食を食べたのは、うどんのお店「おめん」
c0087094_17522328.jpg


お野菜や薬味、たっぷりのすりゴマとともにいただくつけうどん。
c0087094_17532360.jpg

お野菜たっぷりヘルシーで
お腹も満足♪

先日BSのプレミアムの自転車で火野正平さんが旅する番組を見ていたら
火野さんがすすめの店を案内するわと
スタッフを連れて、旅の途中哲学の道を通ってこのお店でお昼を食べておられました。
ちょうど1週間前くらいの出来事だっただけにとてもタイムリーな映像で
懐かしかったです。

そして私はお昼を食べた後、
好きなお寺法然院に向かいました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-27 18:01 | 京都 | Trackback
春の京都散策。

先日の更新からの続きです。
半木の道で紅枝垂桜を散策したあと、
タクシーで銀閣寺に向かいました。
今回の京都散策の一番の目的は、桜を見ることですが
2番目の目的は、椿の美しいお寺を訪れること。

銀閣寺から始まり、南禅寺近くまで続く哲学の道は
椿が美しいお寺がいくつかあるのです。

最初に訪れたのは、銀閣寺。
c0087094_16562437.jpg

お寺に詳しくない人でも金閣寺、銀閣寺はご存知だと思います。
東山文化を代表する建物で
政治よりも美やわびさびといった文化に傾倒した足利義政が晩年を過ごした場所です。

銀閣の東正面に月待山があって観月の場所として使われていました。
本堂周辺には白砂で模った銀沙灘と椀を伏せた形の向月台があり
幻想的な風景になっています。
c0087094_16564756.jpg

これも観月のためのしかけだそうですが義政亡き後誰が考案したのかは不明だそうです。

この日は土曜日だったこともあってか
たくさんの観光客でごった返して
向月台付近には、銀閣寺をカメラにおさめようとする人でいっぱいでした。

銀閣寺は京都でも有数の観光名所なので特に外国の方が多かったです。
英語、スペイン語、フランス語、韓国語が飛び交っていました。
日本人より海外の人が多かったくらいです。

ちょうど新緑が始まる頃だったので庭園は美しい苔や新緑がまぶしくて
c0087094_1743018.jpg


ところどころに椿や、馬酔木の花が咲いて彩りを添えていました。
馬酔木
c0087094_174832.jpg


白と赤が混じった美しい椿の花
c0087094_1763876.jpg


坂道や階段を上ると
これは、また美しい景色が広がります。
c0087094_1795082.jpg


c0087094_1710151.jpg


新緑が美しい青もみじ。
c0087094_1710473.jpg


深い色合いの椿
c0087094_17112394.jpg


ふかふかの苔の絨毯に桜の花びらが落ちて。。。
c0087094_17121599.jpg


また別の角度から新緑の木々と一緒に眺めるのもいいものです。
c0087094_17142733.jpg


c0087094_17143663.jpg


参道にある椿の生垣
ちょうど椿の花が見ごろでとても美しい風景でした。
c0087094_1717459.jpg


この椿の生垣
高校生の終わり頃に訪れた時
とても印象深く心に残っていて
今回何十年ぶりに見ることができましたが
やはり、その美しさに魅了されました。

これから昼食を食べて
哲学の道を散策をすることにします。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-27 17:26 | 京都 | Trackback | Comments(12)
北鎌倉から電車で鎌倉へ。。。

こちらのカフェは以前から気になっていましたが
初めて伺いました。

鎌倉駅から北鎌倉に向っての最初の大きな踏切を
横須賀線の線路に沿って少し歩くとイギリスの国旗が見えてきます。

c0087094_15564623.jpg


Garage Blue Bell
お店の玄関に入るとおばあちゃんの家に来たような懐かしい雰囲気。
靴を脱いで下駄箱にしまい、部屋の中に入ると
昔懐かしい縁側があって赤い絨毯と古いイギリスのテーブルと椅子のセット。
c0087094_1621713.jpg


c0087094_1625130.jpg

和のお部屋に洋家具を置き、レトロな電気スタンドとクラシカルなテーブルと椅子に柱時計。

クラシックで落ち着いた空間だけど
イギリスの旗や、ティーポットのオーナメントなどが吊るしてあって
かわいらしさもあって温かみのあるお部屋です。

c0087094_1663019.jpg


イギリスに以前住んだことがあるオーナーさん
手作りのスコーンにきれいな赤色の手作りの紅玉ジャム
器もすべてイギリスのもの。
ウエッジウッド製のスージークーパーのティーカップ。
c0087094_1691251.jpg


紅茶もいろいろな種類があって紅茶好きにはたまりません。
私はフレバーティーよりもイングリッシュティーが好きなので
こういう品揃え、最近なかなかないんですよね。

平日だったのでお客様も少なくて、静かな時間を過ごせました。

祝祭日は小さいお子さん連れもOKだそうですよ。

自転車のレンタルもやっているそうです。

お茶を飲みながら外を眺めていると
小鳥用のエサ入れにオーナーさんがエサを入れたら
あっという間に近所に住む、すずめ達がエサを目当てにやってきました。
c0087094_16123472.jpg


冷たい雨に濡れたのでほっこりと落ち着くことができた居心地のいいカフェでした。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-25 16:20 | 鎌倉 | Trackback | Comments(8)
京都の春の散策はちょっと一休み。

雨の鎌倉散策。。。

しとしと降る雨に木々の葉っぱが濡れ
新緑が始まった木々や苔がいっそう色鮮やかになりました。
谷戸の緑の小道を歩くと鶯の鳴き声も聞こえてきます。
マイナスイオンパワーも一緒にたくさん吸い込んで
鎌倉は、一年でもっとも美しい季節の始まりを告げているようです。
浄智寺付近にあるギャラリー兼アトリエハウス「たからの庭」近辺を散策。

c0087094_14455373.jpg


お昼に立ち寄った北鎌倉の古民家カフェ
喫茶ミンカ
c0087094_1447692.jpg


表通りを少し入ったところに建つ緑あふれる古民家の一軒家。

店内は、古道具を中心にした落ち着いた温かみのあるインテリア。

c0087094_14511314.jpg


c0087094_14512376.jpg


本も置いてあるので一人で来ても大丈夫。
c0087094_1452180.jpg


c0087094_14553578.jpg

前回来た時に注文したお野菜のお弁当のメニューは、お休み中なので
ナポリタンスパゲティーを注文しました。

デザートは、しっかりとしたこれも昔ながらのカスタードプリン。
コーヒーはオオヤ珈琲です。
一杯ずつネルドリップで淹れてくれるので味わい深くてとても美味。

c0087094_14582040.jpg


その後は、明月院近くにある
「葉祥明美術館」へ
c0087094_152515.jpg


雨に濡れたしゃくなげも
とっても美しい
c0087094_1523213.jpg


お寺めぐりのイメージがある北鎌倉ですが、

静かでのんびりできるこんな散策もいいものです。

この花は何の花かしら。。。
すずらんのような釣鐘の形ですが花はたわわという言葉ぴったりなくらい、たくさん咲いていますね。
c0087094_1545389.jpg


先週から鎌倉を舞台にした「続最後から2番目の恋」が放映されています。
大好きなドラマが始まったのでとても嬉しいです。
若者向けのドラマが多い中、このてのドラマは貴重な存在。
中年の男女(和平と千明のたして100歳コンビ)が繰り広げるお話は、
コミカルで二人のやりとりがとても楽しい♪

これからGWから紫陽花の季節にかけて
鎌倉はますます賑わうでしょうね~

そうそう、今夜7時半からのBSプレミアム「美の壷」
今晩のテーマは「鎌倉の花の寺」だそうで楽しみ。

夜はちょっと勉強しに行くので
録画予約いれておくことにします。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-25 15:49 | 鎌倉 | Trackback | Comments(6)
春のお出かけ&キレイな桜を撮ってみた!

京都の桜シリーズ、これで最後になります。

半木の道を後にして哲学の道方面のお寺めぐりをしました。
その様子は、後日のブログで紹介します。

明治25年平安遷都1100年を記念して創建された平安神宮。
平安京の正庁・朝同院を復元したものです。

c0087094_12314245.jpg


こちらも二年前に訪れました。
哲学の道を散策をした後、足もかなり疲れていましたが岡崎辺りまで来ると
平安神宮を見ずに京都を去ることはできません。


c0087094_114694.jpg

白虎楼の屋根にかかる鮮やかな紅枝垂桜


紅枝垂桜、
谷崎潤一郎の小説「細雪」の中で「紅の雲」と表現されたこの桜。

空を覆っている紅色の雲。。。
その優雅な佇まいを眺めるとしばし時を忘れます。

c0087094_1159710.jpg


こんなかわいらしい鳥がいましたよ。
c0087094_120543.jpg


神苑は7代目小川治兵衛氏による池泉式回遊庭園。

園内のそこかしこに
京都の雅を感じることができます。

仰ぎ見る桜

c0087094_12145288.jpg


枝垂れる桜
c0087094_12154254.jpg


栖鳳池のほとりに咲く桜
c0087094_1224215.jpg


泰平閣を臨む桜
c0087094_12225145.jpg


水面に映る桜
c0087094_12253953.jpg


東神苑出口付近
最後の桜とともにもう一度泰平閣を眺めて・・・
c0087094_12303184.jpg

名残惜しいけれど
この景色を目に焼き付けました。

c0087094_12332877.jpg


こちらは、本物の桜の木ではありませんが
桜みくじの木

ほんのり薄紅色のおみくじを結び
まるで桜の花が咲いているかのようです。

駆け足の二日間でしたが
京都の雅な美しい桜、両親との思い出の桜、歴史と共に見た桜。
数々の桜の風景。
今年もたくさんの「ありがとう」という気持ちでいっぱいになりました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-23 12:41 | 京都 | Trackback | Comments(14)
春のお出かけ&キレイな桜を撮ってみた!
c0087094_21245286.jpg

4月12日

二年ぶりに、「半木の道」にやって来ました。
大好きな半木の紅しだれ桜との再会です。
二年前に、初めて訪れた時、その頃まだ元気だった母も一緒でした。
親子三人でそぞろ歩きした半木の道。
私にとって、母との最後の思い出深い散歩道です。

当時は一年に一度秋の紅葉の頃しか帰省していなかったので
春に桜見を兼ねて帰省することを母に話すと私が家をあけることを反対して
とても気にしていたのです。
でもその前の年、大きな地震があってから
日々の生活を後悔のないように暮らしていきたいと思うようになり
離れて暮らす年老いた両親との時間を少しでももちたいと願って
春の帰省を決断したのです。

c0087094_2057596.jpg


賀茂川にかかる北大路橋と北山大橋の間の川沿いの道は
半木の道(なからぎのみち)と呼ばれて
約800メートル紅しだれ桜の小道が続きます。


桜守、佐野藤右衛門氏によって作られた
薄紅色の桜のアーチをくぐりながら
すだれ越しの桜からは、賀茂川の穏やかな川の流れ、新緑が始まった街路樹
向こう岸の桜並木、川沿いを散歩する人たちの穏やかな景色を眺めることができ
心安らぐ風景に癒されます。
c0087094_21263933.jpg

簾から垂れ下がる美しい紅しだれ桜は寄り添うように風に優しく揺れて、
桜のそばで死にたいと歌を詠んだ西行の気持ちがわかります。
c0087094_21154826.jpg


春のうららかな週末は、たくさんの人で賑わっていました。
c0087094_211713100.jpg


滝のように天から流れ落ちてくる紅しだれ桜
c0087094_21215475.jpg


優しい薄紅色の桜のシャワーに包まれて
c0087094_21224732.jpg


半木の道のちょうど半分くらいのところまで来ると
イベントが行われていました。

野点の席があり綺麗な着物を着た女の子がお茶を立てていました。
c0087094_21285016.jpg


お茶の席には、着物を着た京都の市長さんもいらしてました。

屋台のお店や、警察の音楽隊も演奏したりととても賑わっていました。

そろそろ半木の道も終盤に近づきます。
c0087094_2131197.jpg


終点には、一際大きな紅しだれ桜が迎えてくれました。

c0087094_21331888.jpg


二年前も再び会いに来ると、この桜に約束しました。
こうして二年ぶりにまた桜に会えて嬉しく思います。

そしてまたいつかこの桜に会いに半木の道に来ますね。

今年も美しい桜に出会えて心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-21 21:44 | 京都 | Trackback | Comments(12)
春のお出かけ&キレイな桜を撮ってみた!

醍醐寺を後にして向ったのは、山科にある毘沙門堂。

駅に着いた時は、空が一面の雲に覆われてきました。


昨年の秋紅葉を観にお寺を訪れたとき
葉が落ちてしまっていたものの
樹齢150年という枝垂桜は存在感を放っていました。

前日の朝のニュースの桜中継で「毘沙門堂」の桜が見事な美しさで
午前中の風でもしかして散り始めているのではなかしらと
タクシーに乗りながら気持ちも逸ります。

c0087094_21563571.jpg


c0087094_21581970.jpg

少し散り始めていましたが
その堂々たる姿は、見事なものでした。
c0087094_21591371.jpg


本殿横に咲く、そめい吉野も幹が苔むしていて風情を感じます。
c0087094_220233.jpg


門跡寺院の風格ある佇まい
門を額縁にして桜を眺める。。。
c0087094_223542.jpg


c0087094_2241720.jpg


そして帰りは、ゆっくりと歩いて山科疎水に寄り道してみました。

秋も紅葉が美しい散歩道ですが、桜の季節は、菜の花の黄色と桜のピンク色の
コントラストが美しい散歩道です。

c0087094_2292533.jpg


c0087094_2294279.jpg


お寺と共に見る桜も格別ですが
こうして川の優しいせせらぎと一緒に眺める桜ものんびりとしていいものです。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-20 22:16 | 京都 | Trackback | Comments(4)
春のお出かけ&キレイな桜を撮ってみた!

醍醐寺の桜

昨日の続きです。。。

西大門を通り抜けると青もみじが美しい参道になります。

左手に見えるのが国宝、金堂。

c0087094_1443852.jpg


醍醐天皇の御願により926年に創建された。
現在の金堂は秀吉の命により和歌山の湯浅から移築が計画されて
秀頼の時代に完成した。

c0087094_1484557.jpg


西大門からの道は、豊臣家の御紋の幔幕が張られて両脇には桜の木が植えられ
秀吉が晩年に催した醍醐の花見を再現するかのように
とても華やいだ雰囲気になっています。
c0087094_1418728.jpg


中でもちょうど満開を迎えた紅枝垂桜が見事に咲き誇っていました。
c0087094_1417147.jpg


c0087094_14155661.jpg


北政所や淀君、たくさんの女性を引き連れて
醍醐寺での花見を秀吉は、楽しんだことでしょう。
秋の紅葉狩り、翌春の後陽成天皇を仰いで花見を招待する計画だった秀吉。
醍醐の花見の数ヶ月後、この世を去ります。

c0087094_14342890.jpg

京都の北野の大茶会もしかり、
秀吉は、歴史上の武将の中でも特にもてなすことが好きな人物だったようですね。
三宝院の庭園も自ら縄張りをして
聚楽第から「藤戸の石」を運びこんだりと醍醐寺には、秀吉の想いが詰まったお寺なのです。

国宝 五重塔
c0087094_14331067.jpg


昼食は、成身院手前にある寿庵で

ちょうどこの時、風が吹いて
桜の花吹雪が舞っていました。
池にも花びらが落ちて花筏になっていました。
c0087094_14385989.jpg



お店の中からも池が見えます。
c0087094_14402647.jpg


さくらのおうどんと湯葉どんぶりのセットをいただきました。
c0087094_14395525.jpg


c0087094_14444025.jpg


三宝院、伽藍(五重塔)2箇所拝観しましたが
あともうひとつ霊宝館が残っていました。


たくさん国宝や重文を保管している霊宝館は、時間の関係で次回の楽しみにしておくことにしました。


霊宝館近くの道では
桜吹雪で道が桜のじゅうたんになってとても美しく
たくさんの人が思い思いに桜に包まれて記念写真を撮っていました。
c0087094_14441917.jpg


c0087094_1449209.jpg


石畳にも桜の花びらがびっしり♪
端っこに私の靴も少し入ってしまいました(苦笑)

4月10日、醍醐寺にて

次回は山科の毘沙門堂へ。。。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-19 14:55 | 京都 | Trackback | Comments(12)