四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー

<   2016年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

紙小物

紙小物

私が好きな雑貨で、籠と同様

ついつい旅先などで買い求めてしまうもの。

それは、紙小物

特に京都に行った時、時間があれば、紙小物のお店に立ち寄ります。



秋に京都を訪れた時

寺町の「鳩居堂」で買った京都の四季を描いた絵葉書




c0087094_17295669.jpg



雪化粧した清水寺、銀閣寺

冬の京都を訪れる機会がないので買い求めました。



c0087094_18065020.jpg


今年の年賀状用に撮った写真にも

鳩居堂の和紙の歌舞伎の絵ハガキを使いました。





c0087094_17214794.jpg

京都の紙もの専門店 

京都の宮川町にある


(まめも)小さなメモ帳です。


ポチ袋

c0087094_17242559.jpg




ポチ袋といえば・・・

以前、友人に立て替えてもらったタクシー代を
カワイイポチ袋に入れて返したところ友人の娘さんが
「○○さんって女子力あるね~」と娘が云っていたよ
と云われました。

お金を渡す時は、私は必ずポチ袋に入れて渡すので
いつもながらのことなのに
「こういうことが女子力?」って思ったのですが

20代の若い女の子からみる女子力の基準は
おしゃれに敏感なことだけじゃないんだ。。。と

いまさら、私のような年齢で「女子力」と云われても
磨いても、得になることはないですが
徳のある人に近づけるのかなと
少し嬉しく思った一コマでした。 




****************************



c0087094_17363350.jpg

木版画の店、竹笹堂


ブックカバー



紙物雑貨いろいろ

c0087094_17373538.jpg




c0087094_17330296.jpg

日本の紋様の便箋と封筒


****************************



奈良の和雑貨のお店

中川政七商店で買った今年の干支のポチ袋

c0087094_17255593.jpg

お正月にインテリアの飾りに使ってみました。


中川政七商店は、以前は東京に行かないと買えませんでしたが

最近は横浜や鎌倉で買えるので嬉しいです♪






↓にも記事、更新しています。





雑貨、インテリア部門
00000010_10513115.jpg
[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-31 18:09 | 暮らし | Trackback | Comments(10)





c0087094_16424095.jpg


籠やバスケットが好きな子供でした。

大人になってもインテリアショップや雑貨店、旅先などで

値段も手ごろなので買い求めてしまいます。


**************************


モロッコのバスケットは谷中に行った時に購入。

マガジンラックとして愛用しています。


c0087094_16352414.jpg


購入して数年経ってきたのでいい感じに色が深みを帯びてきました。



************************



東欧の雑貨ショップで買った籠

リトアニア製

丁寧な手仕事に惹かれて買いました。



c0087094_16354887.jpg



c0087094_16360368.jpg

パン籠として


c0087094_16430610.jpg


******************************



大分旅行した時に買った竹かご



c0087094_16353350.jpg

大分の竹細工職人が一点、一点手作りした

編み目が美しい籠です。


昨年秋、買ったばかりなので

これから使い続けて

飴色に育てていくのが楽しみです。




c0087094_16441511.jpg


フルーツを入れて。。。



******************************


c0087094_16444833.jpg




無印良品で売られている籠のシリーズ

キッチンで、サニタリーで寝室、収納に活躍してくれているお気に入りです。



c0087094_16500116.jpg




***************************


そしてこのトートバックは

大分別府の竹細工のお店で
オーダーして作ってもらったもの



c0087094_10403296.jpg


このバッグを持って街へ出かけると

お店の人などに「素敵なバッグですね」と声をかけられるのが

とても嬉しいです♪






雑貨 インテリア部門
00000010_10513115.jpg
[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-31 16:58 | インテリア | Trackback | Comments(2)

今年の冬、前半は暖冬なので

わりと軽めのコートやジャケットで過ごすことが多く

マーガレット・ハウエルのジャケットが活躍してくれました。

厚手のツィードなので暖かい



c0087094_10403296.jpg


大好きなボーダーのセーターと今年の冬買ったホワイトのガウチョパンツ

黒のボーダーならオバサンでも痛くないかな(笑)




c0087094_10444178.jpg


年末年始は、コンサートなど

華やかな場所に行く機会が多かったので

レースのブラウスにガウチョを合わせてみました。

ホワイトコーデは、顔まわりを明るく見せてくれる効果大のような気がします。

アイスブルーのガウンコートは

柔らかな色なので春先まで活躍してくれそう。






ファッション部門
00000010_10513115.jpg
[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-30 11:00 | ファッション | Trackback

美味しいいただきもの




c0087094_10304774.jpg



先週末買ったお花は、ストック

淡いピンク色が気に入りました。



先週、お友達がちょこっと家に立ち寄ってくれた時

おみやげにお菓子をいただきました。

HERRIOTTのレモンケーキ


c0087094_10301282.jpg
爽やかなレモン味のアイシング


早春のケーキですね♪


ホワイトのアンティークのティーセットでいただきました。



c0087094_10295100.jpg


ガラスの小さめのコンポティエにのせて




c0087094_10313901.jpg

スーパーで買った花束も

アンティークの器に活けると

グレードアップして見えるような。。。気がします。


ごちそうさまでした。


00000010_10513115.jpg
[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-30 10:38 | お茶時間 | Trackback
私が好きなキルト作家鷲沢玲子さん

「鷲沢玲子の全仕事と師弟の絆」

鷲沢さんは孫弟子も含めると
一万人近く全国にお弟子さんがいるそうです。

鷲沢さんが作られたキルトの数々、

過去のキルトフェスティバルで鷲沢さんのグループが制作した
「赤毛のアン」「不思議の国のアリス」「大草原の小さな家」などの作品の
ジオラマのミニチュアや
お弟子さんの三浦百恵さんの作品など

見応えある展示に感動しました。



c0087094_21093731.jpg


こちらは、
愛弟子三浦百恵さんが4年間かけて作った大作のキルト

c0087094_21463464.jpg




c0087094_21343504.jpg



初期の頃の作品

ログキャビンのパターンで作った
「サンボンネット・スー」
c0087094_21100605.jpg


c0087094_21110601.jpg
息子さんのために作ったキルト


c0087094_21113723.jpg
美しいアンティークレースを使用した繊細な作品


c0087094_21122500.jpg

キルティングに浮き上がる
美しい膨らみは、トラプントという鷲沢さんが得意とする繊細な技法



c0087094_21140858.jpg

クリスマスのキルトも大人っぽくエレガント


c0087094_21145168.jpg

六角形のパターン

とても小さいのでいくつピースがあるのか
想像するだけで気が遠くなります。



c0087094_21165391.jpg

配色が美しく、かわいいデザインで派手な色を使ってもエレガントなのです。



c0087094_21180132.jpg



c0087094_21182381.jpg


三浦百恵さんが息子さんたちに作った
テディベア



c0087094_21191217.jpg



タブルウエディングリングのパターン

トラプントの技法が繊細でとても美しい


************************

不思議の国のアリス


c0087094_21210744.jpg
c0087094_21203060.jpg

赤毛のアン

c0087094_21214734.jpg
アンの部屋


c0087094_21222403.jpg
グリーン・ゲイブルズのリビングルーム



大草原の小さな家

c0087094_21231248.jpg

c0087094_21234447.jpg
インガルス一家のリビングルーム



素晴らしい作品の数々を見て
しばらく放置していた作りかけのパッチワークも久しぶりに出して
再開しました。


春の花園をイメージして六角形を繋げています。

暖かな春までに少し形になればと思い

空いた時間に針を進めていけたらなと思いました。

今晩から明日未明にかけて雪の予報。

明日は、習い事があり、都内まで出かけるので

雪が積もりませんように。。。





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-29 21:48 | キルトフェスティバル | Trackback | Comments(2)
昨日に引き続き

東京キルトフェスティバルの記事が続きます。


特別企画展


ウィリアム・モリス 地上の楽園

c0087094_21062928.jpg

イギリスの詩人、装飾芸術家、思想家として知られているウィリアム・モリス。

ファブリックや壁紙、などのテキスタイルや家具を通して

自然の尊さを伝えたウィリアム・モリス。

彼のイギリスコッツウォルズの別荘の一室が再現されていました。



c0087094_21070263.jpg



c0087094_21071522.jpg



c0087094_21073449.jpg
そして日本の有名なキルターが


モリスのデザインした布を使ってキルトを制作し展示されていました。


藍色のキルトの第一人者である黒羽志津子さんのキルト



c0087094_21110815.jpg


**********************************



モリスの布はカーテンやインテリアファブリックとして

使用されるので大柄な布を生かしたデザインが多く

大胆なデザインだけど

色が抑え目で洗練された印象で素敵でした。


c0087094_21113601.jpg


c0087094_21114552.jpg


c0087094_21121678.jpg



c0087094_21122806.jpg


c0087094_21124112.jpg



c0087094_21125234.jpg


そして

三浦百恵さんの作品が、

真正面の入口に飾られていました。


「静寂の薔薇」


c0087094_21140961.jpg



c0087094_21252948.jpg



c0087094_21142717.jpg

現在のお姿でしょうか。。。

年を重ねても美しさは変わらないですね。



三浦百恵さんの作品はモリスの会場だけでなく

鷲沢玲子さんの展示ブースでも何点か飾られていました。



[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-28 21:25 | キルトフェスティバル | Trackback | Comments(0)
昨日、東京ドームで開催中の

1月21日~27日

なんとか体調も復活しましたが、万全ではないので

今回は観たい展示のみに絞って観てきました。



「斎藤謠子のピーターラビットの世界」

ピーター・ラビットの作者である

ビアトリクス・ポター生誕150年を記念しての企画展示です。


ポターは、本の印税で得た収入でイギリス湖水地方自然を守るために

湖水地方の土地を購入し

彼女の死後、ナショナル・トラストに土地と書籍が寄贈されました。

今回は斎藤謠子さんとそのクループが50点ものキルトを制作し、展示されています。


c0087094_13110455.jpg


c0087094_13112209.jpg

↓の三点は斎藤謠子さん制作のキルトです。


c0087094_13124280.jpg

c0087094_13133265.jpg

c0087094_13134828.jpg

ピーターラビットのキルトたくさん写真を撮りました。

どの作品も忠実に

ピーターラビットの世界が再現されて

むら染めの生地を使ったり、刺繍によって立体感を出したりと

丁寧で美しいアップリケの手法やキルティング

想像をはるかに超える根気のいる作業だと思います。


繊細で美しい手仕事と絵本の世界観にまったく

引けを取らない可愛さに感動しました。





c0087094_13151358.jpg



c0087094_13153644.jpg



c0087094_13160239.jpg


c0087094_13162803.jpg




c0087094_13164791.jpg




c0087094_13170749.jpg





c0087094_13174807.jpg



c0087094_13185962.jpg




c0087094_13191437.jpg





c0087094_13195093.jpg


c0087094_13322253.jpg



c0087094_13201072.jpg




c0087094_13300275.jpg



c0087094_13210401.jpg



c0087094_13211552.jpg



c0087094_13315116.jpg
c0087094_13440490.jpg

**************************


こちらは、羊毛フェルトを使ったピーターラビットの世界

頬ずりしたくなるような可愛さにうっとり♪



c0087094_13285727.jpg



c0087094_13302895.jpg

c0087094_13305484.jpg

c0087094_13311243.jpg

c0087094_13325749.jpg


c0087094_13331214.jpg



たくさんの写真でしたが

最後まで見ていただきありがとうございます。




[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-27 13:44 | キルトフェスティバル | Trackback | Comments(2)

小さな模様替え

少し気分を変えて

リビングの棚の上の雑貨を配置転換してみました。

先日、布花を作ったので

箱に入れて仕舞っていた布花をいろいろ出して

小さな仕切り棚にディスプレイしてみました。




c0087094_22472629.jpg



秋から冬にかけて飾っていた秋色紫陽花のリースを片付けて


春を呼ぶしつらえに替えてみました。

先週買ったチューリップ、

元気で咲いているものを一輪ざしやグラスに活け替えました。


仕切りの棚を立てかけ

優しいパープルのミニクッションも一緒に飾り♪


ふんわりとした春色になって

少し気分も晴れました。


私のお気に入りのインテリアは、ミックススタイル、

フレンチ、イギリス、ナチュラル

アンティーク、和物、

いろいろなジャンルのスタイルが好きなので

自分流のこなれた雰囲気になればと。。。思っています。





c0087094_22512944.jpg




c0087094_22514307.jpg




雑貨、インテリア部門
00000010_10513115.jpg
[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-25 23:06 | インテリア | Trackback | Comments(6)
週末から日本列島は

数十年ぶりの寒波襲来で

西日本各地では積雪のようですね。

関東は、冬晴れですが、気温はかなり低いです。

先週から風邪で体調を崩し、週末は家でのんびり。

久しぶりに

ミシンを出して、ウールのハギレでティーコゼーとコースターを作りました。



c0087094_17473242.jpg


生地は、以前キルトフェスティバルで購入した

西荻窪のピンドットさんの生地です。

1年近くも寝かしてしまいました。。。



大好きな黄色やドット、チェック柄をつなぎ合わせました。

持ち手の部分は、余り毛糸をコマ編みしました。

ボタンも、ウールの生地に合うようなデザインにしました。




c0087094_17533503.jpg


裏地は、昨年神戸のCHECK&STRIPEで購入した生地

北欧プリントのような柄ですが、

関西のデザイナーのもので

あんぱん柄なんだそうです。




c0087094_17535276.jpg





c0087094_17555423.jpg
お茶菓子は、アンリ・シャルパンティエの

マドレーヌとフィナンシェです。



c0087094_17572861.jpg



先週末から更新していないのにアクセス数が多くて

「何故?なんだろう」って思ったら

東京ドームで開催されているキルトフェスティバルが始まっての影響か

昨年のキルトフェスティバルの記事を見てくださる方が多いようです。

水曜日まで開催されているので

なんとか風邪を治して行きたいです。





00000010_10513115.jpg
[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-24 18:05 | 手しごと | Trackback | Comments(8)

布花づくり パンジー

今日は、大寒、全国的にも寒い日が続いています。

週末にかけて、最大級の寒波がやってくるとか。。。


今日は、愉しみにしていた「布花」教室の日でした。

外は寒いけれど

暖かな春に咲くパンジーを作りました。

最近は、晩秋からパンジーの苗が売られていますが、

本来は、春に咲く花なんですよね。



パンジーは、小さい頃、春になると

家の庭に咲き、私にとってとても身近な花でした。


c0087094_22062256.jpg


毛足の長い布やベルベッド、サテン生地を使って


三種類のパンジーを作りました。

布の種類によって花の表情も変わってきます。

花芯の部分が本物の花粉がついているようなリアルさで

小麦粉やアクリル絵の具で表情をつけています。


c0087094_22034324.jpg


北欧のガラスの器と作家ものの器で。。。

フランスのアンティーク皿をイメージした作られた若手作家さんの作品です。


c0087094_22081574.jpg



コテを当てることで、花びらに表情が生まれます。



c0087094_22100816.jpg


逆光で撮りました。。。



こちらの方が色が抑えめで

自然な雰囲気が出ているかな。。。

c0087094_22160593.jpg

少し早いけど

春らしい雰囲気が伝わればいいなと思います。。。







雑貨、インテリア部門
00000010_10513115.jpg
[PR]
by strawberryfield_b | 2016-01-21 22:34 | 手しごと | Trackback | Comments(8)