四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:京都 ( 141 ) タグの人気記事

夏の京料理と甘いもん

祇園祭 後祭を観た後は


千鳥の提灯がかわいい

先斗町をぶらぶらして


c0087094_19273367.jpg








昼食を食べに老舗の京料理屋さんへ。。。




c0087094_19284849.jpg

坪庭がある涼しいお部屋で夏の京料理をいただきました。


先付は

団扇の形をした器に美しく盛られています。



色鮮やかなお料理の数々

ほおずきの蓋物の中には、無花果の胡麻和えが入っていました。


c0087094_19452941.jpg


c0087094_19294255.jpg

夏の京都の代表的なお料理と言えば

鱧の湯引き

祇園祭は、鱧祭と呼ばれ

鱧料理や鱧のお寿司など

京都では、鱧が昔から珍重されてきました。

鱧は生命力が強く

瀬戸内の淡路島近海などで獲られた鱧は、今のような輸送が発達していない時代でも

京都の街に着くまで活きていたそうです。

c0087094_19334148.jpg

梅肉のたれでいただきます。

器も涼しげ。。。



c0087094_19383969.jpg

椀物も鱧・・・

あっさりとした上品なお出汁の中に

鱧の旨みと初ものの青い柚子の香りが爽やかでした。


c0087094_19404216.jpg
鯛の塩焼きと鰈の西京味噌漬け




c0087094_19453951.jpg


夏野菜の煮物




c0087094_19413076.jpg

〆はちりめん山椒の入ったご飯とお漬物



c0087094_19422581.jpg

デザートはグレープフルーツのゼリーとさくらんぼ


どのお料理も美味しく、いただきました。





c0087094_19590718.jpg




父は、その後用事があるので

神戸に戻り




義妹と私は、夕方まで京都の街歩きをすることにしました。

三条通りにある旧日本銀行跡




c0087094_19514194.jpg
美しいレンガ造りの建物。

設計は、東京駅を設計した辰野金吾氏

レトロな佇まいを遺す館内


c0087094_19522705.jpg

館内も窓口やカウンターがあって

当時の面影を残しています。


1階の展示は、祇園祭の展示でした。


前祭の巡行だった綾傘鉾が展示されていました。

c0087094_19565712.jpg

優雅な天女の姿美しい傘鉾です。








今回、自由時間があったので

どうしても行ってみたかったお店がありました。



京都在住のブロガーさんが紹介されている

老舗甘味処


c0087094_19474480.jpg
朝顔柄の暖簾は夏仕様

季節によって暖簾は変わります。

そしてこちらでどうしてもいただいてみたかったのは、「琥珀流し」という甘味で

ほどよい柔らかさの寒天を季節の蜜でかけていただく上品な甘味。





でも此方のお店に着いて、ボードに名前を書こうとしたら

18組待ちという人気に、私の決心もゆらぎましたが

義妹も待ってでも食べたいと言ってくれたので

私のわがままをきいてもらい、

1時間半ほど、お店の中で並んで待ちました。

そして5時前になってようやく

中の席に通されて「琥珀流し」をいただきました。

日曜日で祇園祭が重なったのでこんなにたくさんの人が押し寄せたのか。。。

とにかく大人気のお店です。

老舗の甘味処と言えば、

40代以降の女性が多いというイメージでしたが

10代の若者のグループやカップル、家族連れ

もちろん40代以上の女性もいましたが

若い人が多いのにもびっくりポン。

c0087094_19584476.jpg

琥珀流しにかける蜜は

それぞれ月替わりに変わります。

7月はペパーミント、サイダー付き

暑かったので氷にしようかとても迷いましたが

やっぱり、琥珀流しにしてよかった。。。

爽やかなミントの清涼感、サイダーをかけてもよし

飲んでもよし、

京都らしい上品な甘味に暑さも忘れてスッキリ

涼しくクールダウンできました。


その後は、三条通りのお店をみたり

竹製品の老舗


竹製品をお買い物して

短いけど充実した京都歩きができました。

京都に来た時は、

最近は、何かしら、お道具を買います。

竹の菜箸から始まって、辻和金物で茶こしや、焼き網

前回4月は開化堂で茶筒を買いました。

今回は、竹製品。(小さいものですが)

デザイン性も優れた使いやすい竹ベラと竹製のトングです。

日々の生活で毎日使うものばかり。

少しずつわが家に

Made in Kyoto製品が増殖中。。。

寺社めぐり、季節の花々、

美味しいお料理、甘味のほかにもまた新しい京都の愉しみが増えました。



夏の京都旅、終わりです。。。




[PR]
by strawberryfield_b | 2016-08-06 21:18 | 京都 | Trackback | Comments(2)

祇園祭 後祭 



7月帰省中、父と義妹と私の三人で

京都 祇園祭 後祭 花傘巡行を見てきました。

京都町衆に受け継がれる

祇園祭(ユネスコ無形文化遺産)

前祭
7月10日~14日 山鉾建て
7月14日~16日 宵山
7月17日 前祭 山鉾巡行、神幸祭

後祭
7月18日~21日 山鉾建て
7月21日~23日 宵山
7月24日 後祭 山鉾巡行、花傘巡行、還幸祭




7月24日 10時過ぎ四条大橋、南座付近で

八坂神社からの花傘巡行の行列を見ました。




花傘巡行は1967年祇園祭の巡行が

合同巡行になって以来7月24日に実施されるようになりました。

2014年に後祭が復活されてからも花傘巡行は続けられています。

八坂神社を花傘、子供神輿、獅子舞、鷺踊、児武者、祇園囃子、祇園田楽、馬長稚児、花街屋台が出発し

市役所、御旅所を経由して八坂神社に戻ってきます。

花街は、偶数年に先斗町、祇園東、奇数年に、祇園甲部、宮川町が参加します。





お子さんたちの元気でかわいらしく、

女性たちの美しく艶やかな行列をお楽しみください。


c0087094_22130088.jpg



c0087094_22131147.jpg
子供神輿



c0087094_21582730.jpg




c0087094_21592337.jpg



c0087094_21593437.jpg




c0087094_21594827.jpg





c0087094_22000431.jpg

獅子舞


c0087094_22002103.jpg
馬長稚児





c0087094_22003764.jpg
先斗町の芸妓さん


c0087094_22005044.jpg



c0087094_22010517.jpg

祇園東の芸妓さん


c0087094_22011774.jpg
鷺踊


c0087094_22013402.jpg


c0087094_22140159.jpg



花傘巡行を撮った後、

四条河原町駅前の交差点まで行きましたが

さすがに凄い人で写真は撮れず

最後の

大船鉾が戻っていくところだけ

後ろ姿で残念ですがかろうじて撮ることができました。

鉾が交差点を曲がる時行われる「辻まわし」

竹に水をかけて回転させるところも

人混みの中からですが、少し見ることができ、迫力があり

臨場感を味わえました。




c0087094_22020301.jpg


00000010_1257561.png

[PR]
by strawberryfield_b | 2016-08-03 22:23 | 京都 | Trackback | Comments(6)

京都 常寂光寺 



法金剛院からタクシーで嵐山方面へ。。。

先日BS4「京都の極み」でも特集されていた嵐山の青もみじ

秋の紅葉の名所で知られる嵐山は、

初夏から夏にかけての緑もまた趣きがあって美しいのです。

そして、暑い夏は比較的観光客も少なく、

ほとんどが海外からの観光客。

街中に比べると嵐山方面は緑が多いので

吹く風も心地よく感じます。




常寂光寺


c0087094_14123590.jpg

青もみじの鮮やかさが目に沁みます。




c0087094_14132059.jpg

仁王門

このような静寂な空気を味わるのは、

観光オフシーズンならでは。


c0087094_14134829.jpg




c0087094_14222137.jpg

仁王門を入る右側にある緩やかな石段、末吉坂の辺りは


モミジの緑陰と緑豊かな苔に、清涼感を味わえます。





c0087094_14140515.jpg



紅葉の頃は、散り紅葉で

美しく彩られる苔も

夏には、数種類の個性豊かな苔が植えられていることに

改めて気付きます。



c0087094_14335763.jpg


京都の街を一望でき

比叡山や東山も見えます。




春訪れた時は、お化粧直ししていた多宝塔も

美しい姿に

c0087094_14155819.jpg




c0087094_14333289.jpg



c0087094_14204343.jpg



石段の上から眺める秋の紅葉も格別ですが


夏の清々しい青もみじもまた素晴らしい。



c0087094_14351720.jpg

常寂光寺を後にして


嵯峨野竹林の道を散策しました。



c0087094_14352507.jpg


こちらも、春や秋に比べると

すれ違う人も少なく

写真もゆっくり撮ることができました。





夏の京都散策

もうひとつの愉しみは、京都の甘味をいただくこと。


以前から訪れてみたかった

「老松」さんへ

「老松」さんと言えば夏蜜柑のお菓子「夏柑糖」




「晩柑」

今シーズンの夏みかんは終了したので

爽やかな酸味のグレープフルーツの晩柑と

アイスグリーンティーで

クールダウン。




c0087094_14353285.jpg

四季折々の表情を魅せてくれる京都の街。



祇園祭、夏の花、緑の癒し、美味しい京料理や甘味など

厳しい夏の暑さの京都ですが

夏の愉しみもたくさんあって魅力的です。




父と一緒に元気に夏の京都を観光できて

最高の一日になりました。



00000010_1257561.png




[PR]
by strawberryfield_b | 2016-07-31 15:05 | 京都 | Trackback | Comments(6)

京都 法金剛院の蓮 sanpo

先週、父と京都へ。



c0087094_14094986.jpg



京都 花園にある法金剛院の蓮を見に行きました。


c0087094_14082715.jpg


見れば見るほど、不思議な形。



c0087094_13580176.jpg



蓮は早朝から午前にかけて開花します。


此方のお寺は、いろいろな種類の蓮が植えてあり、


八重咲きの蓮、初めて見ました。



c0087094_13563849.jpg


白い蓮



c0087094_14004267.jpg



紅い蓮



c0087094_14011107.jpg





(ちょっとピンボケしてしまってますが。。。)
c0087094_14033808.jpg

今回の京都行きの為に

新しいレンズを買ったのですが。。。


まだまだ上手く使いこなせずレンズやカメラの重みと暑さで

ヘトヘトになってしまいました。。。




紅い蓮、一際、形が美しくて

何枚も撮ってしまいました。




c0087094_14032515.jpg




蓮池と鉢植えの蓮が上手く組み合わされて境内を彩っています。



青もみじと蓮の葉の緑も鮮やかで眩しいくらい。。。




c0087094_13571949.jpg





c0087094_14081062.jpg




c0087094_14101065.jpg




c0087094_14103464.jpg

夏の花、桔梗も凛とした美しさでした。









00000010_1257561.png

[PR]
by strawberryfield_b | 2016-07-28 14:24 | 京都 | Trackback | Comments(2)

都の春 高桐院の新緑

長い間見ていただいた今年の京都の桜

桜の記事は前回の「常照皇寺②」で終わりですが、

常照皇寺の桜を観た後、

再び京都の市街に戻り

大徳寺の塔頭寺院を二か所廻りました。

大徳寺に入って驚いたことは、西欧の観光客が多く

東山のお寺界隈と違い、

禅について興味を持っている人がたくさんいることにも驚きました。

静かに座って瞑想したり、散策したりと

それぞれに禅寺の趣きや佇まいを体感しているようでした。


此のたびは、春の特別拝観で法堂が公開されているので見学しました。

その後、

禅の枯山水庭園で有名な大仙院へ

大仙院の庭園は国宝特別名勝です。

千利休と豊臣秀吉が蜜月の関係だった頃のお茶室もあり、

木々、岩、白砂で山、大河、海を表した枯山水庭園など

見どころがたくさんある寺院です。

大仙院は、カメラ撮影はNGなので水野克比古さんの写真集を買いました。


c0087094_17293450.jpg

細川氏ゆかりの寺院です。

桜が終わりに近づく頃は、青もみじの芽吹きも始まります。

桜の時季は、空いているので

美しい新緑の参道を撮れると意気込んでいったら

残念なことに工事中でした。。。(涙)

c0087094_17290719.jpg
苔の碧さが目に沁みます。。。




c0087094_17295682.jpg



c0087094_17301202.jpg


c0087094_17302960.jpg

緑のグラデーションも趣きがあります。



南庭へ


c0087094_17304727.jpg
楓を主とした木々、新緑が始まったばかり


c0087094_17335517.jpg

紅葉の頃は、いかに人が入らずに

写真を撮るか四苦八苦しましたが

午後の時間帯でも、ほぼお庭の美しさを独り占めできる幸せ、かみしめました。


c0087094_17351615.jpg


c0087094_17361062.jpg




c0087094_17353868.jpg





c0087094_17355533.jpg


c0087094_17364943.jpg


c0087094_17384212.jpg



c0087094_17385731.jpg



c0087094_17392496.jpg


c0087094_17393693.jpg


春の帰省、京都めぐりはこれで御終いです。




たくさんの場所で桜を愛でることができ

父親との京都のお花見も回を重ねて5年めになりました。

それぞれの場所に咲く桜との一期一会。

「ありがとう」の気持ちを込めて

また、来年も愛でることができますように。。。




年々、観光客が増えていく京都の街ですが

訪れるたびに、驚きや感動を得て

また、再訪できることを楽しみにしたいと思います。



[PR]
by strawberryfield_b | 2016-04-27 17:57 | 京都 | Trackback | Comments(6)
常照皇寺は、光厳天皇によって開かれた皇室ゆかりのお寺です。

「南北朝」と云われ、朝廷が二つに分かれ
吉野の後醍醐天皇と京都の光厳上皇が足利氏を後ろ盾に
60年余りも戦いが続きました。

光厳上皇が出家し
この地に庵を結んだのがこのお寺の始まりです。

ひっそりとした山寺ではありますが

境内には、天然記念物である「九重桜」、「左近の桜」、「御車返しの桜」
3大銘木があり趣きのある桜が迎えてくれます。

c0087094_18410466.jpg


どの桜も古木で由緒ある銘木。

若木の桜の大木の艶やかさとは

違った年月を重ねた桜の凛とした美しさに感動しました。

儚い史実と重ね合わせると

こうして山深いお寺に、来ることができて感慨深い気持ちになります。


c0087094_18394965.jpg



c0087094_18304903.jpg
九重桜は、葉桜になりかかっていて

ちょうど御所の左近の桜が見ごろでした。



c0087094_18401990.jpg




c0087094_18403415.jpg



c0087094_18303433.jpg



こちらは、「御車返しの桜」

c0087094_18331770.jpg

あまりの美しさにお殿様が御車を引き返して

ご覧になったと云われる桜です。

c0087094_18392604.jpg

c0087094_18310641.jpg

c0087094_18385604.jpg

c0087094_18391158.jpg

此方のお寺の参拝客は、ほぼ、熟年層の日本人ばかり。

秋に来た時は、海外の観光客もいましたが

今回は、

このお寺に纏わる歴史や趣きのある桜の銘木を求めて

いらした方が多く、静かな時を過ごせました。






[PR]
by strawberryfield_b | 2016-04-26 18:52 | 京都 | Trackback | Comments(0)


c0087094_08521847.jpg
4月12日撮影

京都京北にある常照皇寺

京都市街から車で1時間ほどの場所にあります。

昨年秋、美山の茅葺の里を訪れた時に常照皇寺にも寄りました。

その時、春の桜の時季もぜひ再訪したいと思い

父と再び桜が咲くころ訪れることができました。

お寺の門前にある大きな

八重紅枝垂れ桜です。




c0087094_08554994.jpg
寒桜からはじまり、河津桜、彼岸枝垂れ、彼岸桜、山桜

ソメイヨシノ、紅枝垂れ桜、八重桜

この2か月ほどの間にたくさんの桜がこの春も

愉しませくれました。




いよいよ北日本を除き

桜の季節も終盤を迎えます。

私が特に好きな桜は、

ピンク色が鮮やかな八重紅枝垂れ桜。

こんな見事な八重紅枝垂れ桜の大木を観たのは、初めてです。

c0087094_08552939.jpg



c0087094_08515362.jpg

降り注ぐ桜のシャワー

c0087094_09015594.jpg
手前に八重桜、そして八重紅枝垂れ桜

なんとも贅沢な気分にさせてくれます。

c0087094_09004827.jpg


c0087094_09031926.jpg

優しいピンク色が愛らしい八重桜




桜のシャワーをもう一度

c0087094_09064941.jpg



今年も、たくさんの感動をありがとう。





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-04-25 09:08 | 京都 | Trackback | Comments(0)
世界遺産 東寺

五重塔

天長三年826年弘法大師の創建着手に始まりましたが
雷火の火災によって4回焼失、
現在の塔は、徳川家光の寄進によって竣工し
現存する日本の古塔の中で総長55m
最高の塔です。

東寺の夜桜、ライトアップを見に行きました。

c0087094_17332663.jpg

(4月8日撮影)

18時からライトアップが始まりました。


入場したころは、このような感じで


c0087094_17150015.jpg

まだ少し空が薄暗くなり始めたくらいでしたが


空の色が刻々と

蒼色に変わっていきます。



c0087094_17155410.jpg
金色に輝く五重塔は、

荘厳で美しく、昼間と違う

幻想的な姿に変わりました。



夜の撮影は、技術もないので今のカメラに替えてからも

夜景やイルミは、自信がないのでコンデジで撮ることが多く、

一眼で撮るといつも失敗ばかり・・・

今回も不安だったのでスマホと併用して撮影してみましたが


スマホの写真よりも綺麗に撮れていてほっと一安心(笑)


今日アップするのは、いつものカメラで撮ったもの




c0087094_17130656.jpg


昼は曇りでしたが、

夜になって雲も切れて、言葉では表現できない美しい蒼色に。





c0087094_17201399.jpg


東寺を代表する、八重紅枝垂れ桜は、「不二桜」



弘法大師が唐から帰朝した1200年の節目の年に移植されたもの。

樹齢120年の桜は、東北の岩手県の旧家にあった桜が秋田県に移り

その後三重県の鵜飼農園に移されたもの。

節目の年に寄進されたそうです。

「不二桜」という名前は、

弘法大師の「両部不二の教え」からとったものだそう。

東北の震災があった年、

偶然にもJR東海の春のキャンペーンにこの桜がCMに流れ

東北からやってきた参拝客の方がこの桜を観て郷土の誇りとして

元気づけられたそうです。

2011年3月に流れたこのCMのキャッチコピーが

「どういうわけだろう。今年は一本の桜とじっと向き合う春にしたかった」

このコピーが考えられたり、

東寺の桜がCMに選ばれたりしたのも震災前なのだけれどもコピーライターの方は

感慨深いと2013年春に発売され

今は廃刊になっているKYOTOという季刊誌の中で述べられていました。




c0087094_17312601.jpg
夜のライトアップで

お化粧をして

艶っぽく美しい姿になりました。


c0087094_17330965.jpg

先日の嵐山の記事でもふれましたが、


この5年間、京都の桜をたくさん観てきて

夜桜のライトアップを観たのは、初めてです。

昼間と違った夜桜の美しさに感動しました。


c0087094_17335161.jpg
父もたくさんこの風景をカメラにおさめ、

良い一日だったねと

父と二人、振り返っては、何度もその日の感動に浸りました。

母が元気でいれば、この桜を見せてあげたかった。。。

一緒に、喜びを共にして味わいたかった。。。

京都や桜が大好きな母だから

きっと空の上から

私たちと一緒に見ていてくれていたことでしょう。





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-04-21 18:29 | 京都 | Trackback | Comments(4)

都の桜 2016 清水寺界隈


清水寺 仁王門の横に咲く

紅枝垂れ桜

c0087094_21420892.jpg

この界隈は、海外の観光客の撮影スポットになっていて


着物姿の外国人が

こちらで桜と一緒に写真を撮る光景はごく当たり前になってしまいました。





c0087094_21572613.jpg

美しい朱塗りの仁王門と

紅枝垂れ桜のコラボが、京都の春らしい風景なのでしょう。。。



c0087094_21385075.jpg

でもこの紅枝垂れ今年は、上の写真のように花のつきも悪くて

悲しい状態でした。


桜の木の下に入って

枝垂れた枝を持って写真を撮る人がとにかく多いのです。

花を目で見て愉しむ日本人と違って

海外の人は、花を枝ごと振り回したり、花を顔に近づけてみたり、

花びらをまき散らしてしまったり。。。

花の愛で方が、大胆すぎるというか。

今年はそういう光景を多く見かけました。


c0087094_21583244.jpg
清水の舞台から臨む春の京都の街並み

向うに京都タワーがうっすらと見えます。


c0087094_22001894.jpg

子安の塔

そして舞台に上がる前にある轟門の

弁慶の鉄錫杖

こちらでも

たくさんの海外の観光客が集まって

力自慢ということで持ちあげて成功すれば

「ウォ~!」という大歓声と拍手の音が絶え間なく聞こえてきます。




c0087094_22042377.jpg
音羽の滝


c0087094_22055949.jpg

こちらは、清水寺の仁王門に入る手前の産寧坂を登り切ったところ


まるで原宿の竹下通りのような賑わいにびっくり。

「ここはどこ??」というくらい

ほぼ8割近くが海外の観光客で日本人を探す方が難しいのです。


そして、清水寺を散策した後は、

豊國神社と

c0087094_22261251.jpg

渉成園へ・・・


c0087094_22263182.jpg



茶筒の店、開化堂に寄ってから



夕方東寺のライトアップを見に行きました。







[PR]
by strawberryfield_b | 2016-04-20 22:21 | 京都 | Trackback | Comments(4)
c0087094_17260656.jpg


4月10日

京都散策二日目です。

阪急の四条河原町の駅から、清水寺界隈へ向かう途中

鴨川の河原に行きました。

京都の街に着いて、

鴨川の風景や川の流れを見ると

生まれ育った場所ではないけれど郷愁を感じます。

前日、雨が降ったので川の水量も多く

穏やかな流れの鴨川にしては珍しい風景

c0087094_17382116.jpg

c0087094_17353394.jpg


鴨川沿いには、桜並木が続き、




河原を散策したあとは、祇園方面へ


桜の時季は、特にたくさんの観光客で賑わい、

祇園の花見小路近くに行くとほとんど外国人の観光客ばかりです。

人が多いとわかっていても

京都に来たからには、

やっぱり、この界隈は、外せない・・・

c0087094_17390583.jpg


祇園甲部歌舞練場の前を通り、

建仁寺を抜け

八坂の塔を目指します。



c0087094_17415168.jpg


庚申堂

c0087094_17452287.jpg

桜が咲いて華やかなこと。。。



c0087094_17465838.jpg

振り返りつつ

いろいろな角度から八坂の塔を眺めてみる。



c0087094_17491479.jpg
こちらは、高台寺付近から八重桜と

八坂の塔を撮りました。


c0087094_17484233.jpg

そして二年坂へ。


昨年秋にも伺った

洋食のお店「みしな」さんへ


c0087094_17531175.jpg
海老フライと蟹クリームコロッケとスープのセットをたのみました。

プリプリの大きな海老に蟹の優しいクリームコロッケ

トマトソースがよく合ってとても美味なお味です。

スープは、ホワイトアスパラのクリームスープです。

そして

〆は、ぶぶ漬け

京都のお漬けもんとちりめん山椒、茎若芽の佃煮


c0087094_17544263.jpg

お湯呑は、

なんと底にネコの顔が描かれていて

あまりにも可愛いので写真を撮りました。

(父の手が写っています)

京都の粋がたっぷり詰まったお店、

お隣には、歌舞伎役者さんが来られていて

隠れた名店と呼びたいところですが

昨年秋には、TVや雑誌でも紹介されて

お昼時のランチも賑わっています。


この界隈に来たら

こちらの桜も外せない

c0087094_18062244.jpg

円山公園の桜です。

一時、とても弱っていましたが

今年も優雅な姿を魅せてくれていました。

以前テレビで佐野藤右衛門さんが同い年の桜だと云われていたので

85年ぐらい経っているのでしょうか。

藤右衛門さんがテレビで愛おしく枝垂れ桜と対話されていた場面が

印象深く思い出されます。





[PR]
by strawberryfield_b | 2016-04-18 18:13 | 京都 | Trackback | Comments(6)