人気ブログランキング |

四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鎌倉 冬の散策 ①明月院の蝋梅

今日は立春。
暦の上では、今日から春の始まりですが
春は、まだまだ先ですね。。。

東京では、雪が降り始めたとか。
私が住むところは海の近くなので雪が降っても積もることは、まずないのです。

先週末穏やかな散策日和なので
夫と鎌倉散策に出かけました。

この時期といえば、早咲きの梅と蝋梅が美しいお寺や神社がいくつかあります。

c0087094_16514787.jpg

蝋梅(ロウバイ)
原産は中国で日本には17世紀に渡来したいと言われています。
梅という字を使っていますが
ウメとは、関係ないのですが、
梅の時期に咲き花の色が
蜜蝋に似ていることからロウバイと呼ばれているそうです。
ほんのりと甘く優しい香りがします。

鎌倉を散策しているとお寺ばかりでなく民家でもよく「ロウバイ」が見られます。

ここは、明月院。

明月院と言えば6月に咲く紫陽花が美しいお寺で有名ですが
四季を通じて、花が咲き、趣のあるお寺なのです。

c0087094_16355373.jpg


石段の横にある立ち枯れの植物は、紫陽花です。

梅雨の時期の喧騒が嘘のような静けさ。
けれども、冬の花を求めて来られる観光客は、少しずつですが絶えません。
こういう時こそ、混んでいる時期に
気付かないものにも出会えたりするのです。

明月院といえば丸窓が有名。
明月院の拝観のしおりの写真にも出ている丸窓と一緒に写っているウサギ
月とウサギは昔から切っても切れない関係です。

お寺の入り口付近にウサギ発見!
c0087094_16415495.jpg

このウサギさんどこを眺めているのでしょうか。
かわいいです。

うさぎといえば一昨年の春に行った岡崎神社のうさぎさんを思い出しました。

石段の参道の脇にある大きな蝋梅。
c0087094_16435137.jpg


山門には、季節のお花がいけてあり、
このしつらいを見るのも楽しみのひとつです。
c0087094_16452991.jpg
c0087094_16451618.jpg


紫陽花の時期は本堂が開放され、ユニセフ募金をすれば
中に入ることができますが、今回は閉まっていて残念でした。

ガラス越しに、見える明月院の丸窓。
冬の光景。
c0087094_16484398.jpg



開山堂に向う階段のそばにあるお地蔵様もすっかり冬の装いです。
暖かそうですね。

c0087094_16505856.jpg


c0087094_1651875.jpg


やぐらの近くにも
早春の花が咲いていました。

早咲きの紅梅

c0087094_16533549.jpg


椿
c0087094_1654055.jpg


そして
冬の明月院の主役はなんと言っても
蝋梅です。
春を呼ぶ黄色の花。
c0087094_16552156.jpg


c0087094_16553929.jpg


c0087094_16551061.jpg



優しい甘い香りがほんのりと

青空に映えて黄色の蝋梅がいっそう鮮やかに見えました。
by strawberryfield_b | 2014-02-04 17:08 | 鎌倉