四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2014 春の京都散策 ④霊鑑寺

京都 春の特別公開
霊鑑寺
c0087094_2215222.jpg

今回の帰省で私が訪れてみたかったお寺です。

椿の寺として知られている霊鑑寺は、椿の咲く4月始めから4月中旬にかけて
春の特別公開があります。
こちらのお寺は、臨済宗南禅寺派の門跡寺院。
後水尾天皇が「円成山、霊鑑寺」の山号と寺号を勅許し、皇女を入寺させたことから始まって
明治維新まで5人の皇女や皇孫が入寺することになった尼寺門跡寺院です。
別名「鹿ケ谷比丘尼御所」「谷の御所」と呼ばれる由緒ある寺院です。

境内を入ってすぐにある「つくばい」には境内に咲いている椿が
きれいに並べられています♪

c0087094_2253411.jpg


起伏のとんだ境内には、約50種類もの椿があり
奥へ進むにつれて色々な椿が現れて訪れる人々の目を楽しませてくれます。

これから↓たくさんの椿を紹介します。


優しい色合いの椿。
c0087094_22344241.jpg


椿とは思えない大きさと形、華やかですね。
日光椿といいます。
c0087094_22345770.jpg


本堂では、狩野永徳や円山応挙などの襖絵や皇女が愛玩した人形や雛人形などが展示され
雅な格調高い寺院だったことがわかります。
c0087094_22353084.jpg


c0087094_2237215.jpg


斑入りの椿もかわいい(舞鶴)
c0087094_22371518.jpg


ふかふかした苔の絨毯に落ちた落ち椿も風情があります。(羽衣)
c0087094_2239597.jpg


桜の花びらと苔の絨毯
c0087094_22431717.jpg


c0087094_22442275.jpg

こちらの「つくばい」も素敵です。

桜と椿の競演ですね~

こちらのお寺の主役は椿、
この時期、桜が主役の京都ですが
霊鑑寺では脇役に徹しています。
c0087094_22472470.jpg

雪のように敷き詰められた桜花びら
c0087094_22473688.jpg


参道も桜の花びらに彩られてあくまでも脇でひっそりと。。。
c0087094_2252137.jpg


灯篭と落ち椿、しっとりしたお庭に溶け込んでいます。
c0087094_2253710.jpg


c0087094_22543464.jpg


c0087094_22545391.jpg



椿の可憐さと美しさを思う存分堪能できる密やかなお寺でした。

2年越しの願いがかなって
今年の春、霊鑑寺を訪れることができた喜びを心からかみしめることができました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-04-30 23:08 | 京都