四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

京風 すき焼き

8月中旬にNHK BSプレミアムで
「京都人の密かな愉しみ 夏」という番組が放送されました。

今年のお正月に
京都の移りゆく四季とともに京都に住む人々の習慣や暮らしなど
京都以外に住む人々からは、理解し難いことを
恋愛ストーリー仕立てに
ドラマを交えて紹介するというもの。

秋編が非常に面白く個人的に嵌ってしまったので
夏編ももちろん見ました。

この番組の中で京都在住の料理研究家の大原千鶴さんが
京料理のコーナーで
京風すき焼きというメニューを紹介されていました。

大原さんは
「京料理は、あっさりなもんばかりと違います」と仰って

牛肉と万願寺唐辛子(甘唐辛子)、トマトのすきやきを

軽妙な京都弁のお喋りとともにお料理を紹介されていました。

牛肉を砂糖、醤油で味付けし
火が通ったら、万願寺唐辛子を入れて
味付け、最後に
湯むきをして櫛形に切ったトマトを入れてさっと煮込み
火が通ったら出来上がり。

簡単で美味しそう~

夏に「すきやき」はちょっと重いけど
トマトと万願寺唐辛子ならさっぱりといただけます。

さっそく8月中に1回作り

トマトが美味しい時季もそろそろ終わりに近づいてきたので

先日再び作りました。

夕食の写真は、暗くていつもイマイチなんですが。。。

雰囲気だけでも・・・(汗)

c0087094_21223714.jpg
この日は、万願寺唐辛子が手に入らなかったので
ピーマンを使いました。



7月は、祇園祭に「鱧」を食べるので
大原千鶴さんが仰るには
祇園祭のことを鱧祭と京都の人は呼ぶそうです。

鱧は高騰し、なかなか7月中は庶民の口には入りませんが

8月になると
関東でも時々売られています。

8月地元のデパートで生の「鱧」が売っていたので
冷凍し
先日湯引きしていただきました。

今年の夏は、関西に帰省せず
鱧を食べていなかったので鱧料理は久しぶりで嬉しい。


ひと夏に一度はいただきたいなと思います。



関東で生の鱧が売っているなんて
ほんと嬉しいご時世です。。。




c0087094_21231291.jpg



c0087094_21233739.jpg

週末の夜ごはんは

ちょこっと京風にしてみました。。。


今回は、私が火傷で家事があまりできないので

息子が手伝ってくれました。





[PR]
by strawberryfield_b | 2015-09-06 22:44 | 料理