四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2014年 07月 04日 ( 3 )

本日三度目の投稿です。

↓に、松尾大社、西芳寺(苔寺)の記事がありますので

興味のある方は見てくださいね。

西芳寺を後にして向ったのは、地蔵院。

別名(竹の寺)としても親しまれています。

衣笠山地蔵院
臨済宗の寺で夢窓国師を開山とし、延命安産の地蔵菩薩を所蔵しています。
細川頼之公開基。
一休禅師が幼少の頃修行したお寺です。

2013年JR東海初夏の京都キャンペーンは、地蔵院「竹の寺」でしたね。。。

c0087094_16343893.jpg


境内に入ると
凛とした竹林が視界に現れ

c0087094_16464957.jpg


このアプローチを進んでいくと
空気感が一変します。

c0087094_16512264.jpg


静寂
c0087094_1652956.jpg


青もみじに覆われた
本堂が姿を現します。
c0087094_16542348.jpg



美しい苔のアプローチの先は、
総門が見え
c0087094_16572532.jpg


この美しい風景に
心奪われた人は数知れないことでしょう。


初夏の京都散策の記事は、今回で終わりです。
長い間のおつきあいありがとうございます。

父と二人で巡った初夏の京都。

大山崎山荘美術館~

宇治~三室戸寺

円山公園界隈~ 無鄰菴~平安神宮~


松尾大社~西芳寺~地蔵院




初めて訪れた場所、以前訪れた場所
それぞれに両親の思い出の場所として
私の心の記憶にも深く刻みこまれました。

京都は、両親と訪れたり、母と訪れたり、父と訪れたり、友人と訪れたり、

心の拠りどころのような場所です。


母の死の深い悲しみから、立ち直れるきっかけになったのも
父と一昨年から今年の初夏までに何度となく京都を訪れたからだと思います。
父に心から感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-07-04 17:18 | 京都
松尾大社を後にして、向ったのは、

苔寺として有名な西芳寺
(世界文化遺産、特別名勝及史蹟)
c0087094_114527.jpg


こちらのお寺は事前申し込みが必要です。

拝観時間などが決められており、
本堂で住職さんの説法を聞いて
般若心経を唱和した後、写経をして
その後は、庭園を自由に散策できます。

西芳寺庭園
聖徳太子の御創業1300年前行基菩薩が開山。
650年前、夢窓国師が中興し、林泉も大修復した鎌倉式庭園。

上段は枯山水式、下段は池泉回遊式庭園、中央の池は心字形になり
池の南岸には千少庵建立の茶室「湘南亭」があります。

銀閣寺を建立した足利義政もこの庭園を参考にしたと言われています。



観音堂
c0087094_11465396.jpg

青もみじを背景にした観音堂

c0087094_114821100.jpg


c0087094_11573768.jpg

雨が少なめで苔の色も少し薄かったのですが
それもまた味わいがあって、夢中で写真を撮りました。

サツキの赤色が緑の苔庭に彩りを添えています。
c0087094_1215379.jpg


c0087094_122435.jpg



c0087094_123438.jpg

中央にある池の周りの水辺は特に緑が深く様々な緑のグラデーションが見ることができます。

茶室
潭北亭
c0087094_1273473.jpg


庭園に入った頃は、うす曇だった空も
庭園の奥へ進むにつれて
陽が射し込み
苔と太陽の光と織り成す幻想的な風景に出会えました。
c0087094_1210359.jpg



c0087094_12102478.jpg



c0087094_12105374.jpg



c0087094_12132298.jpg


向上閣
c0087094_12135961.jpg

上段の庭園と下段の庭園の境
禅の修業の第一関でもあります。

門をくぐると49段の石段があり、険しい山道を表して
禅の修業の厳しさを戒めているそうです。

c0087094_12224194.jpg


須弥山の石組
c0087094_1221574.jpg

上から見ると亀の形をしているそうです。


c0087094_12232247.jpg


ゆっくりと美しいお庭を堪能することができました。

西芳寺を後にして

竹の美しいお寺へと向かいました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-07-04 12:30 | 京都
再び、6月の帰省、京都散策です。

「松尾大社」
c0087094_11123883.jpg


京都最古の由緒ある神社です。
京都に住む方には「松尾さん」と親しまれ
洛西の総氏神さまとして知られています。

c0087094_11183592.jpg


そして醸造の神様としても有名で
全国の酒造、味噌、醤油、酢、などの製造、販売者から格別な尊崇を受けています。
c0087094_1113874.jpg

全国の酒造家から奉献された酒樽の数々。

こちらは、4月から5月にかけて
一の井川に山吹が咲き誇ります。
山吹の時季ではありませんが、緑深い頃も格別です。
c0087094_11175978.jpg



境内の奥には、あじさい園があり
6月10日過ぎ頃は少し見ごろとしては早かったですが
青色の紫陽花が咲き始めていました。

c0087094_11242417.jpg


c0087094_11244093.jpg


昭和の庭園学の一人者重森三玲氏の庭、
松風苑の三つの庭がありました。
昭和50年に重森氏の設計により作庭、絶作。

上古の庭、蓬莱の庭、曲水の庭

c0087094_1129144.jpg

蓬莱の庭

由緒ある神社なのですが
どこかほっこりするような温かみがあって
また再訪したくなる場所でした。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-07-04 11:35 | 京都