四季を感じる日々の暮らしを綴っていきます。大好きな京都、鎌倉、花、甘いもの、そして アンティーク。過去記事にもお気軽にコメントどうぞ。


by noyuri
カレンダー

<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

明日から9月。

カレンダーでは、夏も終わりということで
ざざーっと更新。

撮りためた夕食の写真です。

(夏はガッツリ肉食編)

写真の見た目は、綺麗でなくよろしくないですが、記録として。。。ご覧ください。

************************

どちらかと言えば、肉食が多いかも。

家族は私以外は男性なので、肉メインのおかずを好みます。

豚のヒレカツ定食。

c0087094_17433741.jpg



関西ではヒレ肉のことを「ヘレ肉」と呼びます。
c0087094_17453645.jpg



************************************

夏野菜カレー

パブリカ、ズッキーニ、茄子など
夏野菜と出汁がわりに入れた鶏肉手羽元
鶏肉が苦手な夫のためにゆで卵を入れています。

c0087094_1748314.jpg


私は、カレーを作るときは、市販のルゥではなく
あめ色たまねぎを作って、カレー粉、小麦粉を一緒に炒めて自分でルゥを作ります。
市販のものは油分が多いので胃がもたれてしまうので
わが家のカレーはドロドロよりもサラサラです。

c0087094_17511167.jpg



*********************************

あら挽きハンバーグ定食

c0087094_17543250.jpg



ハンバーグも合いびき肉の時や、豚ひき肉であっさり和風の時や
粗挽き肉の時やいろいろとメニューによって変えています。

ガッツリ食べたい時は、粗挽肉にするとお肉を食べている感じで家族にも好評。

この時はソースは、トマトの水煮で簡単トマトソースを作ってさっぱりさせます。

c0087094_1759913.jpg



付け合せは、ポテトサラダにスパゲッティー。


先週、久々に地元のカフェに友人と行きました。
ここのカフェの店主が作るお料理は、絶品で、彼女も私もそのカフェ飯の大ファンです。

わが家の家庭料理もそのお店で食べたメニューをヒントにして作ったものは多々あります。

上の写真のあら挽き肉のハンバーグやトマトソースもそのお店からヒントをいただきました。

残念ながらそのお店は、店内や料理写真全てNGなので
紹介できません。

先日食べた鶏の胸肉のフライも絶品で
今夜は、その胸肉を挽肉に変えて作る予定。

いろいろ試行錯誤しながら、わが家の味にしていくのも楽しいものです。

先日は久しぶりにそのカフェで友人といろいろおしゃべりして
和みの時間を過ごせました。

忙しいけれど、食は、食べることだけでなく
器や、しつらいも大切だねという話で意気投合しました。

最近は、一人ご飯も多いですが、
そういう時こそ、おろそかにしないで
食事を大事にしたいなと感じました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-31 18:14 | 料理
8月も、明日で終わり。
ノロノロ台風の接近から始まり、
西日本を中心に記録的豪雨、と土砂災害。
そして猛暑続きだった関東地方も
今週始めから少しずつ秋の気配で涼しくなりました。

8月中に撮りためた夕飯のおかずの記録です。



毎年夏になると胃腸の調子がよくないので
あっさりとしたメニューが多くなるのですが

今年は久しぶりに、食欲も減退せずに元気に過ごすとができました。

エスニックも料理も何回かしました。

c0087094_21345292.jpg

今流行りのガパオ飯、
ベトナムの麺料理フォー、生春巻き

c0087094_21345613.jpg



********************************

海老シュウマイ
見た目もきれいなのと、一枚ずつ包むより時間も短縮できるので
最近シュウマイを包むのは、このやり方が多いです。

c0087094_21381578.jpg


神戸で買った島根の焼き物、スリップウェアです。

c0087094_21445946.jpg


小皿は、沖縄のやちむん。

最近はまっている民藝の器。
枚数が揃っていなくても
いろいろな焼き物を組み合わせることによって不思議と融合して
食卓を楽しむことができるのでとても気に入っています。

今年の夏、はまったのが京野菜。

京風おばんざい
万願寺唐辛子とちりめんジャコの炊いたん
c0087094_21421665.jpg


京都の黒七味も必ず忘れずに。。。
香りがとてもいいので、定番になりました。


***********************************
賀茂ナスの白味噌田楽
c0087094_21474641.jpg


白味噌は、京都の有名な本田味噌。

器は沖縄のやちむん。
読谷村焼き


c0087094_2148442.jpg

そうめんとオクラ、パプリカ、茄子、をお出汁で和えたもの。

この器も神戸で買った作家物。
深い藍色がとても珍しくて気に入りました。
和食でも洋食でも使えます。

c0087094_2152847.jpg


***********************************
パスタを入れるとまた違った雰囲気に。。。

タコと茄子のトマトパスタ

c0087094_2155617.jpg


パスタの写真は昼に撮ったので器の色が明るく写っています。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-30 21:59 | 料理
本日、2回目の投稿です。

↓にも日本橋のグルメ記事がありますので興味のある方は読んでくださいね。




日本橋アートアクアリウム 2014
に行ってきました。

交流させていただいているブロガーさんの記事を読んで
金魚を美しく幻想的に表現したアートで夏らしいイベントが日本橋で開かれていることを知り
友人を誘って行ってきました。

私自身、金魚の美しさかわいさを再発見した夏でもありました。
金魚の雑貨や手ぬぐいを買ったりもしました。

会場の入り口を入ってまず目を奪われたのは
ヴェネチアングラスでできた金魚です。

c0087094_20163553.jpg





ボンボリウム(雪洞)
c0087094_20142488.jpg

アクアリウム照明に見立てたシリーズです。


金魚品評
c0087094_20255571.jpg

水面が波立たない水盤を金魚を上から見て楽しみます。
食いしん坊な私は、「金魚品評」を見て
和菓子の「金魚かん」を思い浮かべてしまいました。


クロスオーバーアクアリウム
c0087094_20283736.jpg

普通に見える水槽面とギザギザに見える水槽面から金魚の見え方を楽しみます。


大奥巨大金魚鉢
c0087094_2031554.jpg

金魚を愛でる江戸の文化が花開いた大奥を表現した作品だそうです。


c0087094_20315992.jpg

光の色によって金魚の見え方が異なりとても幻想的な光景です。


c0087094_20345324.jpg

メインステージ近くにあった提灯には、金魚の絵が描かれています。


リフレクトリウム
レンズの凹凸や二重レンズなど照明の色で金魚の見え方が異なって見えます。
c0087094_20401428.jpg



c0087094_20394614.jpg



アースアクアリウムジャポニズム
c0087094_20412148.jpg

地球イメージした1、5メートルの球体に錦鯉が乱舞する作品です。
うっすらと世界地図が見えますね^^



金魚コレクション
c0087094_20442661.jpg

さまざまな種類の金魚が一同に集うコーナーです。

c0087094_20455383.jpg



c0087094_2047268.jpg



そして会場の出口で最もたくさんの人だかりができていたのは、
ビョウブリウム2
12面屏風の水槽に
映像と音楽を駆使して花鳥風月を表現した作品です。

光、音楽、映像が一体となった幻想的で美しい作品でした。
c0087094_20495115.jpg

たくさんの人がいて前の人の頭の部分が入ってしまったので画像を少し切りました。

かなりのお客さんが入っていましたが
なんとか、一通り撮影できました。

会場では、フラッシュなしの写真撮影は可能です。


色とりどりのライティングとたくさん押し寄せる人々
金魚もびっくりしているかもしれませんね。
金魚の体調が少し心配になりました。


最近は、熱帯魚ブームですが
昔から育て改良されてきている日本の金魚の魅力を再発見したイベントでした。

まだ9月下旬ごろまで開催されているので興味のある方は是非足を運んで見てくださいね。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-26 21:06 | アート

日本橋へ

先週のことになりますが
近所の友人と日本橋へ行ってきました。

日本橋というと、銀座と並んで格式があり、敷居が高いような印象ですが
コレド室町3がオープンして、既存のコレド日本橋やコレド室町と共に、
和をテーマにしたお店や江戸の老舗などが軒を連ねて
今までに日本橋に来なかった若者などもターゲットにしながらも
江戸情緒の雰囲気は残しつつ新しく生まれ変わりました。

c0087094_17191427.jpg

東海道の起点でもある日本橋。
お馴染みの麒麟像です。

これまたおなじみの
老舗デパート
c0087094_17204923.jpg


そして、日本橋でのランチは、こちらも老舗洋食店の
たいめい軒」で
伊丹十三監督が命名した「たんぽぽオムライス」をいただきました。
c0087094_1724054.jpg

写真はないですが、
おなじみの50円のボルシチと50円のコールスローサラダもつけました。

ちょうど、11時半すぎ、お昼時より少し前でしたが
1階部分は、ほぼ満席。
でも回転がよいのですぐに案内されました。

2階は、待たなくて良さそうな雰囲気だったので
二階にしようかと迷ったけれど値段設定は高め。


行列を整理していた店員さん
私たちに2階をかなり勧めて、
「2階は素材が全然違っていいけど下は大衆食堂ですよ。。。」

下は人が大勢いたけれど
少々ざわざわした感じはありましたが
大衆食堂という雰囲気ではなかったです。
c0087094_1728511.jpg


タンポポオムライス、想像どおりとても美味しくて
最高でした。

テレビでお馴染みの三代目ガン黒シェフがいるかなと
キッチンの方を見渡したけれど、その日はいなかったみたいで少し残念。

外にはテレビのクルーがいてグルメ番組の撮影があったようです。

それから、コレド室町やコレド日本橋のお店を見て

コレド室町3の
「鶴屋吉信」で抹茶と和菓子をいただきました。

こちらでは、カウンターでいただくと
和菓子職人さんが作る様子見ながら
和菓子の出来立てをいただくことができます。

そちらもとても魅力的だったのですが
カウンターだと、ゆっくりできないので
テーブル席でいただきました。

冷やし抹茶と上生菓子(みだれ桔梗)
c0087094_17353848.jpg


上品な甘さでこれまたとても美味でした。

京都に本店がある「鶴屋吉信」の東京店は
昭和50年に日本橋にできたそうで

京都の老舗のお菓子を東京でいただけるのも嬉しいことです。


そして和菓子をいただいてゆっくりした後は
今回の目的、日本橋アートアクアリウムにたくさんの金魚たちを見に行ってきました。

その様子は後ほど。。。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-26 17:51 | 都内 

小田原 一夜城

お盆休みのことになりますが

小田原の一夜城跡へ行ってきました。

お盆中なので、道路が混んでいるかなと思いましたが、
R134もスムーズに渋滞にはまらずに行けました。

車窓から江ノ島(七里が浜辺りから)を撮りました。
c0087094_1692888.jpg

サーフィンしている人もまばらです。


こちらは、鎌倉の海(逗子より)、ウィンドサーフィン、気持ち良さそう~♪
c0087094_16124211.jpg

向こう側にうっすら見えるのは、三浦半島



江ノ電 鎌倉高校前駅
c0087094_16145468.jpg


江ノ電は旧型モデルの車両がいいですね。
私が撮るときは、なかなか旧型に遭遇しなくて。
新型車両ばかり。
乗車するときは旧型モデルに乗ることが多いんですけど。。。

別に電車オタクではありません(笑)


そして西湘バイバスを経由して、小田原へ。。。

一夜城跡に到着

城跡に行く前に
こちらで休憩して昼を食べました。
c0087094_1620929.jpg


一夜城ヨロイヅカファーム


c0087094_16222527.jpg



レストランで美味しいランチをいただきたかったのですが
予約せずに行ったので1時間半待ち。
残念ながら断念することにしました。

パティスリーで焼きたての美味しいパンと一夜城オリジナルの紅茶を外のスペースでいただきました。
c0087094_16261176.jpg



そしていよいよ目的の石垣山一夜城へ。

c0087094_1630765.jpg


城跡内はきれいに整備されて頂上の天守閣跡まで上ることができます。

途中に当時の名残の石垣の跡がありました。

芝生がきれいに敷かれて整備されています。

c0087094_16311733.jpg


天守閣 本丸跡
c0087094_16332294.jpg



こちらからは小田原市街が見えます。

c0087094_1633969.jpg



小田原市街からこの一夜城跡まで約3kmしかないそうで
当時豊臣秀吉の軍が建てたこの城を見た北條氏は
さぞ、驚いたことだろうなと思いました。

c0087094_16363311.jpg


本丸跡には、シャガがたくさん植えてあって5月ごろは辺り一面にシャガの花がきれい咲いているのでしょうね。

そして、帰りは、小田原蒲鉾の名店。

籠清さん
蒲鉾を買って帰りました。

c0087094_16383259.jpg


帰りは、予想どおり、渋滞にはまってしまいました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-24 16:48 | 三浦半島、湘南

命日


今日は、母の命日でした。

昨年は、母の好きだったピンク系の花を供えましたが
今年は白い花にしました。

c0087094_23454864.jpg


母と最期に見た京都の高雄の紅葉でのツーショット写真。

私の宝物です。

昨日まで、猛暑が続いていましたが
今日は午前中雨が降り、凌ぎやすい一日でした。
しっとりした雨模様の一日、
今日は、心静かに過ごしました。

母の友人からいただいた
花のピルケース。

私の好きな花がたくさん散りばめてあります。
その方も、母のことを想い私のことをいろいろ気にかけてくださいます。
帰省したときは、母の思い出話をするのが
今の私にとって楽しみのひとつになっています。

c0087094_23546100.jpg



この中には、私の指輪と母が、私の家に来たとき
まだ小さかった息子が母にねだって
置いていったイヤリングの片方が入っています。

今となっては、母の置きみやげになってしまいました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-24 00:07 | 日々
私が、神戸散策した日は台風が去った翌日。

この日は珍しく夏の神戸にしては、凌ぎやすい一日でした。

店舗の外観のみ写真ばかりですが、
神戸のshopめぐりです。

帰省したら必ず寄るお店

メゾン・エ・トラヴァイユ

c0087094_16212197.jpg


元郵便局を改装した外観がとても落ち着いた雰囲気

c0087094_16211822.jpg

こちらのお店は、ウエアやバッグのほかに
作家物の器や民藝の器を扱っています。


西欧のブロカントのお店

ブロカントティト

アンティーク小物と紙物アイテムを扱っています。
以前は、フランスのアイテムが多かったですが
最近は東欧やベルギーのアイテムも多かったかな。

c0087094_16273391.jpg


以前訪れた時に店内を撮影しています。

海外のボタンや手芸材料、アンティークのメルスリーもあります。
以前手作りの小物を作っていたときはこちらでよく買い物しました。

Rollo

c0087094_16333591.jpg



CEROTE ANTIQUES
c0087094_1636842.jpg


ポスカなどのお店
ONE WAY

c0087094_1639797.jpg


markka
北欧のビンテージの食器の品揃えが豊富です。
カフェもあります。
c0087094_16405816.jpg


以前訪れた時、店内撮影しています。

そしてこちらは、元店舗と看板のみですが
c0087094_16595357.jpg


c0087094_171542.jpg


神戸北野町にあった老舗ドイツパンのお店です。
フロインドリーブ

新店舗は元教会をリノベーションした素敵なところです。

以前の記事はこちら。

帰りがけに父の好きなハードの山食パンをこちらのパン屋さんで買って帰りました。

イスズベーカリー

c0087094_1785098.jpg


c0087094_17133420.jpg


そして、神戸に住んでいた頃、仕事帰りや、友人と行ったコーヒーショップ「ん」

当時コーヒー1杯500円、チーズケーキ500円と
今から考えるとかなり高めの値段だったにもかかわらず
クラシック音楽と丁寧に淹れられたコーヒー、そして店内は、クラシックなインテリアで
古い柱時計がたくさん壁にかけてありました。
学生時代はザワザワとした音楽がかかった喫茶店にしか行ったことがなかったので
大人の世界に足を踏み入れたような極上のひととき。
こんな素敵な空間があるのだと、感激したのを覚えています。

こちらのお店は、阪神淡路大震災以降、以前のトアロードの店舗がなくなり、
帰省の度に、探していたのですがなかなか見つからず。

数年前に街歩きしているときに偶然別の場所で見つけました。

それから数年、当時のままだろうか、内心ドキドキしながら
お店に入ってコーヒーをいただきました。

c0087094_172317.jpg


残念ながら店名は昔のままでしたが
オーナーさんが変わったため、柱時計が掛けてあるクラシックなインテリアでは
なかったのですが、
丁寧に淹れられたコーヒーは当時のままでした。
散策の後だったので暑いからレイコーで
(アイスコーヒーのことを関西では、レイコーと呼びます。)

神戸で有名な萩原珈琲の豆でした。

コーヒーをもってきてくれた若いウェイトレスさんにこのお店にまつわる
私の思い出話を聞いてもらって
こういう一人でのんびりときままに散策するのもいいものだな~と感じました。

この近辺にもジャズバー[SONE]があり
こちらも、思い出の場所なので
当時を思い出してまた行ってみたいなと思います。

神戸出身のジャズピアニストの小曽根真さんのお父様のお店です。

長々と神戸の散策お付き合いくださってありがとうございました。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-22 17:39 | 神戸
神戸北野町、界隈を散策すると
たくさんの異国の建物と遭遇します。

シュウエケ邸
c0087094_17322131.jpg


c0087094_187642.jpg


c0087094_17322277.jpg


シュウエケ邸(Choueke House)は兵庫県神戸市中央区にある異人館。 重要伝統的建造物群保存地区「北野町山本通」伝統的建造物-27。
明治29年建築家ANハンセルの自邸として建設されたゴシックを基調するコロニアルスタイルの西洋館。広い庭園は芝生に石灯籠を配置した和洋折衷で、他にも屋根に鯱がのるといった和の要素が随所に見られる。 現在もシュウエケ家の自邸として使用されているが庭園と1階の一部が一般に公開されており、館内は年代物のフランス製家具や大きなシャンデリア、暖炉等クラシカルなインテリアで統一され、壁面には明治時代の浮世絵約200点が飾られている。

ウィキペデイアより抜粋しています。

東天閣   
(旧ビショップ邸)
明治32年
c0087094_1735526.jpg




神戸モスク

神戸モスク(こうべモスク)(Kobe Mosque)は兵庫県神戸市中央区の山本通の南、パールストリートにあるイスラーム教寺院、歴史的建造物。神戸回教寺院、神戸ムスリムモスク(Kobe Muslim Mosque)が正式名称。ムスリムとはイスラム教徒の意。
1935年(昭和10年)、神戸在住のトルコ人、タタール人、インド人貿易商らの出資により建てられた日本で最初のモスクである。
イスラム教徒かどうかを問わず、モスク内部を見学可能である。男性は一階の礼拝堂、女性は二階の礼拝堂。多数の見学の場合は事前に要連絡。見学の際、肌の露出(半ズボン、ミニスカート等)は慎むこと。隣接したイスラーム文化センターでは、イスラム教徒を問わず勉強会を行い、広くイスラム基礎知識を提供している

c0087094_1742185.jpg



c0087094_17393267.jpg



c0087094_17434154.jpg



c0087094_17453920.jpg



今回は、観光スポットになっている異人館街には
行きませんでしたが
以前の記事はこちら

神戸北野異人館

私は、古都奈良や京都にある神社、寺院などの日本の古い建物も好きですが
明治維新以降建てられた
洋風建築を見るのも好きです。

神戸は、明治維新以降、開港されて発展してきた街で
歴史は、浅いのですが
横浜と同様に西洋文化をいち早く取り入れて、吸収し
ハイカラ文化、おしゃれな街として発展してきました。

明治以降、異国から遠く離れた神戸に住んだ方々は、
坂を上った高台に家を建て
眼下に広がる海を眺めながら
故郷のことを想ったのでしょうか。。。

そんな私も
神戸を離れて初めて神戸の良さに気付きました。

こうして、帰省できるのも
父が元気に暮らしているから。

故郷を離れるということは、
若い頃は、何も考えずに出たけれども
いろいろと想いをめぐらせるものなのです。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-20 18:13 | 神戸
神戸 北野町での人気カフェ
TRITON CAFEは、北野坂の途中にあります。

c0087094_21202327.jpg


一人ランチは、基本的にあまり得意ではないけれど
こちらのお店の窓側の席は、
一人で入っても、窓を見ながら、通り過ぎる人や街の風景を見ながら
ぼぉーと眺めていると時間があっという間に流れていきます。

ランチプレート
c0087094_21212411.jpg

蛸と枝豆のトマト味のペンネ、パン、サラダ

c0087094_21232445.jpg

ホットティーとミニデザート

もっとゆっくりしていたいけれど、
神戸で過ごす貴重な時間は、有効に使わなければ。。。

昨年秋は、海側に行ったから
今年の夏は、山側方面へ。

神戸の人は、北側のことを山側南側のことを海側と言います。
それは、神戸の地形からそう呼ばれていて
南に瀬戸内海、北には、六甲山系の山があるからなのです。
山側に行くには坂がつきもの。
神戸の街は、方角がわかりやすくて
方向音痴の私でも道に迷わずいける訳です。

c0087094_21251682.jpg

中山手通りから北野坂を望む。

神戸は、山と街と海が、うまく融合された街。

グリーンが印象的だったカフェ
c0087094_21342873.jpg


私がまだ、結婚前に神戸にいたころは、
ここは、おしゃれな北イタリア料理のお店でした。

当時は、イタリア料理のお店も少なかった頃。
食べたのは、生パスタのほうれん草麺のベーコンクリーム味でした。
当時はパスタのことをスパゲッティと呼び、ナポリタンやミートソースが主流の時代。
和風パスタが台頭してきて、少しずつイタリア料理店も神戸の街に増えてきた頃です。
生パスタを初めて食べた時の感動は衝撃的でした。

CHECK &STRIPE
手作り好きの方ならご存知の方も多いのではないでしょうか。
オリジナルの生地やヨーロッパで買い付けたレースやボタンはかわいくてとても人気です。

c0087094_21491813.jpg


お店も白を基調にしてとてもかわいい。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-19 21:57 | 神戸

2014 summer in Kobe

2014 年8月11日 神戸にて。。。



大好きな神戸の風景をいろいろ切り取ってみました。


c0087094_0155780.jpg




おしゃれなカフェ、異人館、ドイツパンの旧店舗

異国の寺院、ドイツパンの看板、雑貨屋のエントランス



また、少しずつ紹介していきます。
[PR]
by strawberryfield_b | 2014-08-18 00:22 | 神戸